キュウリ マグネシウム欠乏

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » キュウリ マグネシウム欠乏

キュウリ マグネシウム欠乏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


不調のキュウリの葉

 

 

キュウリを健全に育てるためには、チッソ・リン酸・カリの基本となる3要素のほかに、
カルシウムやマグネシウム、鉄などの、微量要素も必要です。

 

どれかが欠けると、生理障害となって欠乏の症状が出ます。

 

では、育てているキュウリが、もしマグネシウム欠乏になってしまうと、
どのような症状が出るのでしょうか。

 

 

[キュウリ マグネシウム欠乏]

 

 

■主な症状

 

・葉脈間の黄化
キュウリがマグネシウム欠乏になると、葉に黄化の症状が出ます。

 

チッソ欠乏など、他の生理障害でも黄化の症状は出ますが、
マグネシウム欠乏の場合は、葉脈間の黄化となるため、葉脈が緑色のまま残ります。

 

また、状態によっては、葉脈だけでなく、
葉の縁もわずかに緑色が残り、縁取ったようになることもあります。

 

 

■主な原因

 

・マグネシウムの不足
マグネシウム欠乏のおもな原因は、土中のマグネシウムが不足していることです。

 

栽培には、マグネシウムが多量に必要となるわけではありませんが、
マグネシウムが少量でも必要な植物はたくさんあります。

 

長年栽培を続けているにも関わらず、マグネシウムを含む資材を施用していないと、
土中のマグネシウム量が減少します。

 

 

■対策

 

・マグネシウムの補給
土中にマグネシウムが足りない状態になる前に、マグネシウムを補給しましょう。

 

土作りの段階で、酸度の調整やカルシウムを補給するため、
石灰類を入れることが多いです。

 

この時、苦土石灰を加えると、マグネシウムが補給されます。

 

苦土石灰の苦土とは、マグネシウムを指します。
苦土石灰は、マグネシウム入りの石灰ということになります。

 

苦土石灰にも、酸度を調整する効果がありますし、
マグネシウムも加えることができるので、とても便利です。

 

・葉面散布
マグネシウム欠乏の症状が出た場合、土へのマグネシウム補給も良いですが、
葉面散布も効果があります。

 

硫酸マグネシウム1%~2%液の葉面散布が効果的です。

 

 

■判断基準

 

葉脈を残した黄化だけでは、マグネシウム欠乏か判断しにくいことがあります。

 

この場合、硫酸マグネシウム液を葉面散布した時に、
症状が緩和されたかどうかによって、マグネシウム欠乏かを判断できます。

 

もし葉面散布を行っても効果がない場合は、他の原因を考えましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる枯病 枯れる うどんこ病 楽しみ 実がならない 道具 つる割病 連作 キュウリ栽培 育てる 植え付け時期 用土 キュウリ苗 発芽しない モザイク病 水やり 花が咲かない キュウリ 地植え 育て方 おいしい 育て方 炭そ病 キュウリ 家庭菜園 収穫 選び方 肥料 受粉
ランキング