青力節成五号

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 青力節成五号

青力節成五号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


青力節成五号

 

 

青力節成(せいりきふしなり)五号は、株式会社タカヤマシード

高農交配のキュウリの品種です。

 

白イボ系の”超”多収品種なので、

簡単に栽培ができ、どんどん採れるキュウリです。

 

たくさんなり、収穫できるので、

家庭菜園がさらに楽しく感じられます。

 

■青力節成五号の特徴

 

・栽培容易
暑さや病気にも強く、とても栽培しやすい品種です。
とにかくたくさん採れることがこの品種の特徴であり、

人気のポイントです。

 

白イボ系の品種なので、見た目もキレイで、

スーパーの店頭に並ぶような質の良いキュウリが自宅でも収穫できます。

 

・草姿
葉は丸く色濃い葉で、大きさは中くらいです。
節間はやや短く、茎がとてもしっかりしていていて、

元気の良い株に育ちます。

 

・果実
果実は約21~23センチほどで、長い円筒型です。

色ツヤも良く、形が良いキュウリで、奇形果の発生も少ない品種です。

 

・着果率
春まきのトンネル栽培や露地栽培では、

主枝に80~90パーセントほど着果し、

成り戻りするので、摘芯は不要です。

 

抑制栽培の場合は、主枝に40パーセントほど着果します。
側枝の1~2節に続けて着果するので、

こちらも成りが良く、おすすめです。

 

 

 

 

■青力節成五号の栽培のコツ

 

・たくさん採るためのコツ
退化側枝の発生を促すと、結果的にたくさん果実がなるので、

摘芯・摘葉をこまめに行います。

 

・育苗時に短日処理を行う
早熟栽培の場合は、短日処理を行うと雌花への着生が多くなり、

初期から安定した収穫を得られます。

 

短日処理とは、1日8時間~10時間以外は、

わざと暗くして日光を当てず、

日照時間を故意に短くして育苗する方法です。

 

日長処理ともいいます。

この処理を行うことで、開花を早めることができます。

 

・収穫
収穫は出来るだけ早めに行います。

また、収穫時はハサミを使ってつると実をカットしてとります。

 

トマトなどのように手でもぎってとることはできないので、

必ずハサミを使ってください。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
用土 つる枯病 おいしい キュウリ 実がならない 発芽しない キュウリ苗 肥料 水やり 道具 育て方 連作 受粉 うどんこ病 収穫 モザイク病 キュウリ 地植え 育て方 つる割病 枯れる 育てる 選び方 炭そ病 家庭菜園 植え付け時期 花が咲かない キュウリ栽培 楽しみ
ランキング