夏もよう

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 夏もよう

夏もよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


夏もよう

 

 

夏もようは、株式会社ときわ研究所より発売されたばかりの新品種です。

 

”すべては夏の中に、すべては緑の中に、全ては太陽の中にある「夏もよう」”

夏の雰囲気を感じさせる、このようなキャッチフレーズのついた夏もよう、
いったい、どのような品種なのでしょうか?

 

■夏もようの特徴

 

・果実
果実の大きさは、約20~22センチほどです。
側枝になるものの方が、少しだけ大きく育ちます。

 

果実の形も揃い良く、鮮やかなグリーンです。
夏の空に良く映え、夏もようという名前にマッチした果実です。

 

・草勢
葉の大きさは中くらいで、果実と同じく色鮮やかです。

草勢も良く、子枝も孫枝も良く発生します。
節間も間伸びしにくい性質です。

 

・収量性
夏もようは、初期から果実の肥大が良く、スタミナもあります。
最後まで、しっかりとれるので、安定した収量を得られます。

 

・耐病性
褐斑病、うどんこ病、ウィルス病(ZYMV)に耐病性があります。
とくに、ウィルス病は、感染すると厄介なので、
ZYMVに耐病性をもっているのは、非常に安心できるポイントです。

 

ただし、耐病性というのは、あくまでもその病気に強いというもので、
必ずしも、その病気にならないと約束されるものではありません。

 

耐病性が確認されている病気であっても、感染することはあるので、
病気には充分注意しながら、栽培を進めて行くのが良いでしょう。

 

 

夏もよう C)ときわ交配

 

 

■夏もようの栽培のコツ

 

・適作型
普通~抑制露地、夏秋栽培に適しています。

 

・種まきの適期
4月~8月上旬頃まで種まきができます。
4月下旬頃~5月中旬頃までが、天候も安定しやすくおすすめです。

 

・元肥
夏もようは、果実の肥大が早く、生育初期よりたくさんなる性質なので、
一般的なキュウリ栽培よりも、やや多めに元肥を施します。

 

・雌花着生
主枝の雌花率は、4月~5月の種まきで、50~60パーセント、
6月~7月の種まきで、30~40パーセントです。

 

側枝の連続着果率の高い品種で、各節に、
1つずつなるのが基本です。

 

・台木
夏もようを販売している株式会社ときわ研究所は、
キュウリの育成のみに力を入れている、キュウリ専門の会社なので、
台木も、それぞれの品種に適したものが、豊富に揃っています。

 

台木だけでも、7種類販売されているので、とても助かります。

夏もようの場合は、ぞっこんとときわGT-Ⅱに適しています。

 

ぞっこんは、生育初期~後期まで安定した草勢と収量が見込める、
うどんこ病に耐病性をもった、ブルームレス台木カボチャです。

 

ときわGT-Ⅱは、生育初期でも根の伸びが抜群に良く、
スピーディーに株の安定化が図れる、台木です。
ぞっこん同様、うどんこ病に耐病性をもったブルームレス台木カボチャです。

 

・整枝方法
子枝は、1~2節で止め、孫枝以降は、半放任で育てられます。

 

・水やりと追肥
主枝の雌花が咲く頃より、積極的に水やりを行います。
また、収穫はじめ頃より、追肥もはじめ、約15日に1度遅れずに行います。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
収穫 おいしい 実がならない 発芽しない 育てる 用土 キュウリ つる割病 モザイク病 楽しみ 炭そ病 植え付け時期 道具 枯れる 水やり 家庭菜園 花が咲かない 連作 つる枯病 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ苗 肥料 キュウリ栽培 受粉 選び方 育て方 うどんこ病
ランキング