パリQ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » パリQ

パリQ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


パリQ

 

 

パリQは、トキタ種苗店の人気シリーズ「Qコレ」のキュウリの品種です。
Qコレは、ミニQ、ミドルQなど、一般的なキュウリよりも小さいミニキュウリが多かったのですが、

パリQは、果長28センチ前後の四葉系キュウリの品種です。

 

 

■パリQの特徴

 

・イボの多い四葉キュウリ
四葉(すうよう)キュウリはイボがあり、ちょっとゴツゴツとした表面をしていますが、

とても歯切れが良く、味も良いので、家庭菜園で育てるのにはピッタリです。

 

パリQは、やや硬めで独特の食感が楽しめ、漬物、酢の物、サッパリとおいしく食べられます。

 

・育てやすい
4~7月の露地栽培に適しています。
葉の大きさも少し小さめで、病気、暑さに強く、

家庭菜園でもとても育てやすい品種です。

 

 

 

 

■パリQの栽培のコツ

 

・種まきの適期
最低気温10度、最低地温15度以上になった頃に定植させます。
一般地の場合は、だいたいゴールデンウィーク頃を目安に定植させましょう。
定植までは約1ヶ月程度かかります。

もう少し暖かくなれば、露地蒔きでも元気に育ちます。

 

育苗する場合は、9センチのポットに約2粒まき、

気温を保ちつつ育て、本葉3~4枚で定植させます。

 

・植え付け
キュウリは、水はけ、水もち、日当たりの良い環境を好みます。
株間は約60センチ、畝幅約100センチ、160センチほどの支柱を立て、ネットを張り、どんどん誘引していきます。

 

・肥料
元肥は、苦土石灰150~200グラム、完熟堆肥5リットル、

肥料は、N:P:K=20~25グラム:20~25グラム:10~15グラムを1平方メートルあたりに混ぜ、

しっかりと耕します。
元肥が多いほど良いのではなく、ちょうど良い量にするのが大切です。
多く与えすぎると、果実が乱れたりなど、生育に影響を及ぼします。

 

追肥は、一番果の収穫が始まる頃を目安に始めます。
1週間おきに1平方メートルあたり窒素分を3グラム、株元にしっかりと効かせます。
キュウリは肥料を好むので、水と同様、しっかりと切らさないようにしてください。

 

・整枝などの管理
主枝の雌花は少なめなので、本葉7~8枚頃に、5~6節目の雌花、子づるを取り除き、生育を促します。

順調に育ち、本葉が15~16枚頃になると、子づるの発生が良くなります。

 

子づるの1節目で摘心し、下から4節くらいまでの孫づる、中断以降の子づるは、

だいたい5~6本を残して全て取り除きます。

以降のつるは1節目で摘心し、果実が大きくなりすぎないよう、株への負担を軽減します。

 

・収穫適期
パリQは、果長28センチ前後の四葉キュウリです。
とり遅れると株に負担がかかり、品質が悪くなるだけでなく、

 

実のなりが悪くなるなど、その後の生育にも影響が出てきます。

 

キュウリはとても生育が良く、1日でもグンと大きくなることが多々あるので、

28センチになるまで待つのではなく、やや早どり、約25センチくらいで随時収穫しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる割病 水やり キュウリ苗 楽しみ 炭そ病 つる枯病 育てる 家庭菜園 キュウリ栽培 植え付け時期 実がならない 肥料 うどんこ病 受粉 キュウリ 地植え 育て方 花が咲かない 枯れる 選び方 連作 用土 発芽しない 育て方 収穫 キュウリ モザイク病 道具 おいしい
ランキング