キュウリ栽培 腐る

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » キュウリ栽培 腐る

キュウリ栽培 腐る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


キュウリ栽培中、ようやく実がついたと喜んでいたのに、
なぜか実は腐ったようになり茎葉も萎れることがあります

 

 

腐ったような実は、そのまま大きくならずに終わるため、
いつまでたっても収穫できず、そのまま栽培も終わることもあります。

 

キュウリ栽培での腐る症状は、なぜ起こるのでしょうか。

 

 

[キュウリ栽培 腐る]

 

 

■キュウリ栽培 腐る

 

キュウリを育てていると、実やつるの一部に、
白っぽいふわふわのカビのようなものが付着し、
その後腐ったようになっていく症状が出ることがあります。

 

キュウリは水を多く求める野菜ですが、
水を与えすぎると過湿となり、根腐れを起こします。

 

けれど、こういったカビや地上部が腐ったようになるという症状は、
根腐れが原因で起こるものではありません。

 

根腐れが起きると、地上部の葉が黄変したり、葉の縁が焼けたように褐変する、
といった症状が起こります。

カビや腐るという症状が起きる時は、何かの病気にかかっている可能性が高いです。
出ている症状の原因が病気であった場合は、早めに対処する必要が出てくるので、
よく見回りをして、早期発見を心がけます。

 

 

日頃の観察と手入れが大切です

 

 

■腐る症状が出る病気

 

キュウリの実に腐ったような症状が出る病気の中で、かかりやすいものは3つです。
どれも似たような症状が出ますが、治療によって改善するケースもあるので、
早い段階で発見することがとても大切です。

 

症状をよく覚えておくことで、発病株を見つけた時の対応も早くなります。

 

・灰色カビ病
花や実、葉に症状が出ます。
症状が出た部分には、白っぽい灰色のカビが形成されます。

 

風による振動で、カビが飛散して症状が肥大していくので、注意が必要です。
湿度が高く、気温が低い環境での発生が多いので、風通しが良い状態を維持します。

 

・菌核病
つるや葉、実に症状が出ます。
特に実に症状が出た時は、実の花落ち部分から変色して腐ったようになり、
白い綿上のカビが、表面に盛り上がったようになって付着します。

 

菌核病も、高湿低温の環境で発生が増えます。
特にハウス栽培で起こることが多い病気なので、換気をしてハウス内の
湿度が高くなりすぎないよう、注意します。

 

・疫病
つる、葉、実、根に症状が出ますが、腐敗と似た症状が出やすいのは、実の部分です。
水浸状の病斑が発生し、表面には白っぽいカビのようなものが出始めます。

 

1日~2日のうちに、実全体が柔らかく腐ったような状態になり、
表面はぼこぼこと波打ってくびれができることもあります。

 

株が大きく育ってからだけでなく、
まだ小さい苗のうちから発生する可能性があるため、気を抜けません。

 

土壌伝染性の病気ですが、水耕栽培では養液内に病原菌が入り込み、
根から菌が侵入して株を枯らします。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ苗 つる割病 つる枯病 育てる 受粉 炭そ病 用土 育て方 モザイク病 選び方 肥料 発芽しない 家庭菜園 植え付け時期 花が咲かない うどんこ病 道具 連作 実がならない 水やり キュウリ おいしい 枯れる キュウリ 地植え 育て方 収穫 キュウリ栽培 楽しみ
ランキング