キュウリ 育て方

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム

キュウリ 初心者のプランター栽培

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 11分

スポンサードリンク


kyuri001

初心者なのですが、プランターでキュウリを栽培することはできますか?

 

 

家庭菜園を始める時、あまりにも難しいものから始めると、
失敗してからの、園芸意欲がなくなってしまうことがあります。

 

家庭菜園を始める時にお勧めなのが、夏野菜です。
暖かい時期から育て始めるため、寒さによる失敗が減りますし、
おいしい実のなる野菜が多いのも魅力です。

 

キュウリはツルが伸びて、少し難しそうと思われるかもしれません。
けれど、初心者の方でも、ポイントを押さえて管理することで、
みずみずしい実を収穫することができます。

*もっと知りたいことがあるときは、文中の青いリンクから詳細説明記事に飛べます。

 

[キュウリ プランター 初心者 の育て方]

 

 

■品種の選び方

 

キュウリにはたくさんの品種があります。
ホームセンターなどの苗売り場に行くと、
十種類以上もキュウリの苗が並んでいることもあります。

 

キュウリの品種はどれも特徴があります。
初心者の方にお勧めなのは、節成りタイプの品種です。
キュウリの実のつき方には3種類のタイプがあり、
中でも節成りタイプの品種は、名前の通り節ごとに実がつきます。

 

親づるの節ごとに実がつくということは、親づるが伸びたら誘引し、
葉の付け根から出てくるわき芽の処理が簡単になります。

 

また、節ごとに雌花がつくので、それだけ収穫できる可能性も高くなります。
販売されている苗にはタグがついていることが多く、
品種の名前の横やタグの裏側などに「節成り」と、
書いてあるものを選ぶようにすると確実です。

>>キュウリ 節成り性と飛び節成り性

 

さらに初心者の方には、接ぎ木苗もお勧めです。
接ぎ木苗とは、病気に強い根を持つ品種を台木にして、
おいしい実がなる品種や、実がなりやすく育てやすい品種の穂木を接ぐことで、
病気に強くおいしい実がなる苗に仕立てたものです。

 

接ぎ木でない苗に比べると、値段が少し高いのですが、
それだけの価値が接ぎ木苗にはあります。

 

 

kyuri001

接ぎ木苗は、育てやすいです

 

 

■プランターのサイズ

 

キュウリは長くツルを伸ばす分、根もよく広がります。
小さいプランターだと、生育途中でプランターの中で根がいっぱいになり、
それ以上育つことができなくなります。

 

プランターの中が根でぱんぱんになると、地上部が生長しないばかりか、
根がうまく水や養分を吸うことができなくなり、水切れや肥料切れを引き起こします。

 

プランターを選ぶ時は、1株あたり20リットル以上のものを選ぶようにします。
深さは30cmほどあれば十分です。

市販されている標準プランターでは、深さが足りないので、
深型菜園プランターなどの大型のプランターなら安心です。
深型プランター :700×300×320(mm)容量:36L を管理人は使っています。

>>キュウリ プランターの育て方

 

 

■使う用土

 

用土は無理に自分で配合する必要はありません。
あまり難しく考えず、市販されている野菜用の培養土を使いましょう。

 

培養土の中には、野菜用や草花用などがありますが、
基本的にはどれを使っても問題ありません。

 

キュウリやゴーヤなどのツルものを育てるための培養土もあるので、
そちらを使うのも一つの方法です。

 

キュウリは土が雨や水やりなどで跳ね返り、
葉の裏などに付着することで病気に感染することが多い野菜です。
清潔な培養土を使うことで、病気の回避にもつながります。

 

菜園作業に慣れて来たら、使用した用土を天日で消毒して、
リサイクル用土を混ぜて、再利用できます。

 

 

■植え付け

 

苗を植え付けるのは、気温が十分に上がってからにしましょう。
キュウリはあまり寒い気候が好きではありません。

 

植え付けてから寒さに当たると、まだ弱々しい苗は傷んでしまいます。
ゴールデンウィーク頃であれば、気温も十分に上がって、
遅霜の心配もなくなるので、適期といって良いでしょう。

 

植え付ける時は、深植えにならないように注意します。
特に接ぎ木苗を育てる場合は、台木と穂木を接いでいる部分が、
土に埋まらないように気をつけます。

 

 

kyuri-uetuke002

夏すずみを2株植え付けしました

 

 

■水やり

 

プランターの中の土の表面が乾いたら、水を与えるようにします。
また、真夏の暑い時期は、昼間に水を与えるのは控えましょう。

 

キュウリの水やりで覚えておくことは以下のこの二つです。
土の表面が湿っている時や気温の高い日中に水を与えるのは控えましょう。

 

その代わり、朝に水を与えても、夕方にすでに土が乾いている時は、
必ず夕方にも水を与えるようにします。

 

また、水を与える時は、表面だけを湿らすのではなく、
プランターの底から余分な水が出てくるまで、しっかりと与えます。
水やりでメリハリをつけると、根が健康に育ちます。

>>キュウリの水やり

 

 

■追肥

 

キュウリはツルが伸び、花を次々に咲かせて結実するため、
肥料を切らせてしまうと生育不良になります。

 

植え付け直後は、培養土の元肥が効いているので、追肥の必要はありません。
植え付けから2週間ほど経ったら、追肥を行います。

 

化成肥料をぱらぱらとまいておくか、液体肥料を与えます。
化成肥料の場合は、2週間に1回のペースで与えましょう。
液体肥料の場合は、1週間に1回のペースが基準です。

>>キュウリ 肥料

 

 

■摘芯・支柱・誘引・ツルの整理

 

キュウリにはツルを誘引するための支柱やネットが必要になります。
節成りの品種であれば、ネットを用意しなくても、
支柱だけでも育てることができます。

 

ツルが伸びてきたら支柱を立てて、紐などを使って誘引してあげましょう。
下の方に咲く花は、株がまだ充実していないため、あまり育ちません。
花芽がついても、5節~6節くらいまでは摘んでしまった方が得策です。

 

支柱のてっぺんまでツルが伸びたら、先端を摘みます。
これを「摘芯」と呼びます。

 

摘芯をすることにより、親づるがそれ以上伸びなくなり、
養分が花や実に回るようになります。

 

親づるから伸びてくるわき芽は、
伸びてきたらすぐに摘み取るか、葉を2枚残して摘み取ります。

 

判断が難しい場合は、伸びてきたらすぐに摘んでしまっても問題ありません。
わき芽を放置すると、それだけ養分が分散してしまうので、
早めに摘んで整理しておくのが良いです。

 

不要なツルを増やすと、ツル同士が絡んでしまう原因にもなりますし、
管理が難しくなります。

 

kyuri-tekisin1

キュウリの摘心と仕立て

 

 

kyuri003

一番果

 

 

kyuri002

二番果、美味です

 

 

■収穫のコツ

 

下の方の5節~6節ほどは花を摘んでしまいますが、
それより上に咲いた花は実をならせます。

 

最初になった実は、あまり大きくせずに10cm弱ほどで収穫します。
最初の実を小さめで収穫することで、株に負担がかかりにくくなります。

 

その後は、一般的なキュウリであれば18cm~20cmほどで収穫するようにします。
キュウリは一晩で実をとても大きく生長させることがあるため、
少し小さいかな? くらいでも収穫しておきましょう。

 

実が若いうちに収穫することで、株への負担がかなり軽くなり、
その後の収穫量が増えます。

>>キュウリ 収穫時期

>>キュウリ 収穫方法

 

 

■気をつけたい害虫

 

キュウリによくつく害虫に、アブラムシとウリハムシがいます。
アブラムシは春に発生が多くなる害虫で、新芽や葉などに付き汁を吸います。
見つけたら数が少ないうちに、紙テープなどで捕殺します。

 

ウリハムシは、小さな甲虫なのですが、葉を丸く食害します。
少し喰われるくらいなら問題ありませんが、
食害箇所が多くなると、それだけ株が弱ります。

 

基本は捕殺ですが、必要な場合はマラソン乳剤などの薬剤を使用して防除します。

 

その他にもハダニなどの害虫が発生することがあります。
高温で乾燥した環境になると発生しやすいので、
葉の裏などにも時々葉水を与えると、予防の効果があります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方

キュウリにアリが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


ari002

アリがたくさんいたら、要注意です

 

 

キュウリを、地植えしたり、1階でプランター栽培している場合などは、
キュウリの周りに、たくさんのアリが寄ってくることがあります。

 

ただ、アリ自体はキュウリの葉や花を食べるわけではありません。
ツルや実、花などにアリがうろうろしているときには、
別の害虫がキュウリについている可能性があることを意味しています。

 

 

[キュウリにアリが?]

 

 

■アブラムシ

 

キュウリにつく害虫の中に、アブラムシがいます。
アブラムシはキュウリの葉などから汁を吸って繁殖します。

 

数が少なければまだ良いのですが、アブラムシは繁殖力がとても強いため、
どんどん数を増やし続けます。

 

吸われる汁の量が増えれば、キュウリの株はどんどん弱っていきます。
体力を奪われて弱った株は、病気にかかりやすくなったり、
他の害虫につかれやすくなることもあります。

 

またアブラムシは、ウィルス性の病気を媒介することもあるため、要注意です。
ウィルス性の病気は、感染してしまうと治療が難しいものが多く、

 

他の株に伝染しないように、できるだけ早く抜きとって処分しなければなりません。
このように、アブラムシはキュウリにとってとても厄介な害虫なのです。

 

 

ari003

アリの居るところには、アブラムシが居ます

 

 

■アリとアブラムシの関係

 

では、アリとアブラムシとはどのような関係があるのでしょうか。
アブラムシは植物の汁を吸い、排泄物として甘い汁を出します。

 

アリはアブラムシの出す甘い汁が大好きです。
アブラムシの出す甘い汁にはアリが寄ってくる、
つまりアリがいるところにはアブラムシがいる可能性があるということになります。

 

しかも、アリはアブラムシから甘い汁をもらう代わりに、
アブラムシの天敵であるテントウムシを追い払う役目をします。

 

実際に、アブラムシを食べようと近づいてきたテントウムシの成虫を、
アリが噛んで追い払う姿が見られます。

 

アブラムシはキュウリにとっても厄介な害虫なので、できれば防除したいです。
キュウリにアリがたかっているのを見つけたら、
そこにアブラムシがいないかを良く見ておくようにしましょう。

 

 

ari001

アリの巣

 

 

■アリがいたら?

 

キュウリにアリがいるのを見つけても、アリだけなら特に何もする必要はありません。
どちらかというと、アリがアブラムシがいるかどうかのバロメーターになります。

 

もしキュウリの花や葉、ツルにアリを見つけたら、歩く先を追ってみましょう。
気づかなかった細かい部分にアブラムシがいて、
それを目当てに歩いているのかもしれません。

 

もしアブラムシがいるのを見つけたら、アブラムシを駆除しておきます。
まだ数が少ないうちであれば、粘着テープなどを使って捕殺します。

 

あるいは強めの水流で洗い流すだけでも効果があります。
アブラムシが数を増やしている場合は、薬剤などを使って防除することもできます。

 

アブラムシを駆除すれば、アリがくることも減るでしょう。
ただ、キュウリが花や葉の付け根などから出す蜜や水分を求めて、
アリがきている可能性もあります。

 

アリがいるからといって、絶対にアブラムシがいるとは限りません。
また、アリが何かキュウリに悪さをするわけではないので、
むやみやたらに薬剤を使う必要もありません。

 

アリがいる先には、アリのエサとなるものがあります。
虫の死骸や蜜、アブラムシの出す排泄物などがエサとなるため、
アリの行動を観察することは、病害虫の発見を早めることにもつながります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

キュウリ 実が枯れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

スポンサードリンク


kyuri

キュウリの雌花が咲きました!

 

 

キュウリの苗を植えて、だんだんと大きく育ってきた頃、
葉の付け根に雌花を見つけると、とても嬉しいです!

 

ところが、なぜか雌花が咲いた後、キュウリの実が大きくならず、
収穫する前に枯れてしまうことがあります。

 

これは栽培前半でも後半でも起こる可能性のある症状です。
実が大きくならなければ、当然収穫もできません。

原因と突き止め、早めに対処するようにしましょう。

 

 

■キュウリ 実が枯れる

 

1. 株が弱い
植え付け直後の苗など、まだあまりツルも伸びていない時期の株だと、
株自体がまだまだ幼く、実を育てるだけの力がありません。

 

そんな時期に実をつけさせても、
キュウリは実を育てず、株を大きくすることを優先します。

 

株が小さいうちは、無理に実をつけさせても、
株が弱るだけなので、あまりお勧めはできません。

 

5節~6節くらまでは、雌花がついても手で摘み取り、
実ができないようにしておきましょう。

 

それよりも上の節でも、摘芯が済んでいない場合などは、
実が枯れて落ちることがあります。

 

親づるの摘芯も済み、生育に勢いがあるにも関わらず、
実が小さいままで育たない場合は、他の原因が考えられます。

 

2. 水・肥料不足

キュウリを元気に育てるためには、適切な量の水と肥料が不可欠です。
水切れをよく起こしていたり、元肥のみで追肥をしていなかったりすると、
実を育てるための養分や水分が足りずに、小さいまま枯れてしまいます。

 

水切れの場合は、葉がしんなりしてくるのでよくわかります。
その後、水を与えて葉が元気になっても、
葉の縁が焼けたようになっていたり、落葉する場合もあります。

 

追肥を定期的に行っているのであれば、肥料不足ではない可能性もあります。
葉の色が全体的に薄かったり、生育が遅い場合は、
肥料切れを起こしている可能性が高いので、
液体肥料を少し薄めに作って与えて様子を見ます。

 

水切れは栽培中いつでも起きる可能性があります。
肥料不足はどちらかというと栽培期間の中盤や後半に起きやすくなります。

 

 

kyuri002

大きくなるでしょうか?

 

 

3. 過湿
キュウリは水を欲しがる野菜ですが、
いつでも大量に水やりをしていれば良いというわけではありません。

 

水切れは当然しないように管理しますが、水のやりすぎもいけません。
水を与えすぎると、土が常に湿った状態となり、キュウリの根を傷めます。

 

根が傷むと、必要な水分や養分を吸いあげられず、地上部が弱ります。
地上部のツルや葉が弱れば、実も満足に大きくならず、枯れてしまいます。

 

過湿などによって根が傷んでいる場合は、地上部が全体的に元気がなくなります。
ツルや葉は元気で、実だけが育たない場合は、あまり当てはまりません。

 

4.窒素過多
肥料不足は生育不良や実の肥大に大きく影響しますが、
肥料を与えすぎるのは良くありません。

 

特に肥料に含まれる窒素・リン酸・カリの窒素が多いと、
ツルや葉ばかりが育ち、花付きや実付きが悪くなります。

 

実や花を充実させるためには、リン酸が必要ですし、
根を丈夫にするならカリが必要になります。

 

窒素も必要な成分ではありますが、3つがバランスよく含まれていることが大切です。
窒素過多になると、害虫も寄りやすくなり、病気にもかかりやすくなります。

 

ツルや葉がやたら元気で生育が早く、葉色が濃い場合は、
窒素過多になっている可能性が高いです。

 

5.日照不足

キュウリは大きな葉に太陽の光をいっぱい受け、光合成をして養分を作ります。
そのため、光合成できる量が少なくなれば、株が弱ります。

 

光合成には、太陽光が必要なため、日当たりの悪い環境で育てていると、
実が小さいうちに枯れてしまう症状が出やすくなります。

 

最初のうちは日当たりが良くても、周りの環境が変化することで、
日照時間が変わることもあります。

 

また、天気の悪い日が続くことでも、日照不足になることがあります。
キュウリ栽培は、できるだけ日当たりの良い場所を選ぶ方が、丈夫に育ちます。

 

また、高い建物や、周りに背の高い植物が茂っていると、光を遮ることになります。
環境の変化が少ない場所を選ぶようにするか、途中で移動が必要になる場合は、
プランターや鉢など、容器栽培をしておくのがお勧めです。

 

 

kyuri001

しなびて枯れてしまいました!

 

 

6.低温・高温
キュウリが育ちやすい気温は、25度~30度くらいです。
多少の誤差があっても問題ありませんが、
低すぎたり高すぎたりすると、元気がなくなります。

 

株全体の元気がなくなってくると、実もうまく育つことができません。
植え付け直後に低温が気になる場合は、
寒さ対策をしておき、十分に気温が上がってから防寒を取り除きます。

 

真夏の暑さでバテると、急速に株が弱ってきます。
できるだけ長く栽培するために、風通しを確保し、西日に当てないようにします。

 

どうしても西日が当たる場所には、遮光ネットなどを設置して遮ってあげましょう。
低温の症状は栽培初期、高温の症状は栽培後半になると起きやすくなります。

 

7.病気
キュウリがかかりやすい病気はいくつかあります。
葉の表面にうどん粉をふったような症状が出るうどん粉病や、
ツルや実が白っぽいカビに覆われる菌核病などです。

 

うどん粉病は、葉の表面で白いカビが繁殖することで広がっていきます。
病気が進むと、だんだんと葉がしおれて落ちるようになり、株も弱ります。

 

株が弱ると、実を育てるほどの力がなくなるため、
実も小さいうちに枯れてしまうことが多くなります。

 

菌核病は、実そのものがカビに覆われたようになって枯れてしまいます。
いずれの病気も、栽培に適した環境と管理をすることで、予防できる病気です。

 

薬剤を使っての防除もできるため、
できるだけこういった病気にかからないように気を付けましょう。

 

8.受粉
キュウリは単為結果性のある野菜なので、受粉しなくても実が大きくなります。
基本的には、虫などの媒介や人工受粉も必要ありません。

 

ところが、稀に受粉をした方が、実付きが良くなる場合があります。
もし上記のいずれの原因も当てはまらなかった場合は、
ダメ元で人工受粉をしてみましょう。

 

晴れた日の午前中に、開花した雄花を摘んで花びらをとり、
雌花に直接あてて花粉をつけます。

 

人工受粉で、実付きが改善されることがあるので、試してみてください。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ 花が咲かない おいしい キュウリ苗 用土 道具 収穫 肥料 発芽しない 育てる 受粉 植え付け時期 つる割病 楽しみ 水やり 連作 枯れる 育て方 炭そ病 つる枯病 キュウリ 地植え 育て方 選び方 うどんこ病 キュウリ栽培 モザイク病 実がならない 家庭菜園
ランキング
AX