キュウリ 育て方

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム

キュウリ 北海道の育て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

スポンサードリンク


kyuri-natusuzumi002

夏すずみ、一番果がなりました! 中間地です(2016.05.28)

 

 

キュウリは夏野菜なので、暑い場所で栽培されることが多い、
と思われがちですが、そんなことはありません。

 

キュウリは夏野菜の中でも暑さに弱いところがあるため、
少し涼しい場所の方が長く栽培できます。

 

日本は北海道から沖縄まで、地域によって気候が少しずつ違います。
中でも北海道は日本の寒い地域の中でもトップクラスです。

 

北海道は広いため、同じ北海道でも多少の気温の差はありますが、
どの場所も寒冷地となります。

 

北海道のような寒冷地では、キュウリを育てるコツをご紹介します。

 

 

[キュウリ 北海道の育て方]

 

 

■北海道の気候とキュウリ

 

北海道は寒冷地になので、暖地に比べると夏は涼しく、冬は寒いです。
春になっても気温が上がってくるのも遅いため、
キュウリ栽培には向いていないような気がします。

 

ところが、キュウリは35度以上の気温が続くような気候より、
25度~30度くらいの気温の方がよく育ちます。

 

35度以上の日が続くと、生長が止まることもありますし、
容器栽培では土が高温になって根が傷み、枯れることもあります。

 

その点で、夏でも30度以上になることが少ない、
北海道は、キュウリ栽培が可能といえます。

 

ところが、キュウリは寒さに弱いため、
気温が十分上がってからでないと、露地栽培ができません。

 

北海道は夏の涼しさはキュウリ栽培に適しますが、
春の寒さはキュウリには辛い環境です。

 

気温が上がるまで、いかに寒さを防ぐかが、
北海道でのキュウリ栽培のポイントになります。

 

 

■北海道でキュウリを育てるコツ

 

・植え付けの適期
関東や近畿など、中間地といわれる地域では、
だいたい4月下旬~5月中旬頃までが苗の植え付け適期とされます。

 

実際、ゴールデンウィークの時期になると、遅霜の心配もほぼなくなり、
よく晴れた日には汗をかくこともあります。

 

北海道でも時々暑い日がありますが、それが続くことはほとんどありません。
そのため、植え付けの適期もずれてきます。

 

北海道でのキュウリの植え付け適期は、5月下旬~6月とされています。
この時期には気温も上がってきて、キュウリが育ちやすい気温になってきます。

 

これよりも前に植え付けたいということであれば、
ビニールハウスなどを設置して、防寒だけでなく加温が必要になる場合があります。

 

苗を植えた後に防寒対策をしないまま放っておくと、
突然の寒さで苗が枯れてしまうことが増えるので注意が必要です。

 

 

simo

霜に注意して栽培します

 

 

・収穫できる期間
植え付けの時期が遅くなると、収穫できる期間が短くなってしまいそうです。
ところが、北海道の夏は中間地に比べると涼しいため、秋口まで収穫できます。

 

中間地の場合、8月中旬頃には、キュウリは夏バテをして枯れてしまいます。
北海道など涼しい場所では、中間地に比べて気温が低いため、
8月に入っても生育が衰えることはありません。

 

だいたい9月頃まで収穫ができますが、寒さに強い品種を育てれば、
もう少し長く収穫できる可能性もあります。

 

ただ、夏が過ぎた後、気温が下がるのが早いため、
想像以上に早く寒波がやってくることがあります。

 

キュウリは霜に当たると枯れてしまいます。
2015年の初霜の観測は10月6日だったそうです。

 

例年よりも数日早かったようですが、
10月に入ったらすぐにでも枯れる可能性があるということです。

 

露地で大きく育ってしまったキュウリを防寒するのは難しいので、
霜が降りるようになったら諦めるほかありません。

 

中間地では5月に植え付けをして、6月~8月まで収穫できます。
北海道では6月に植え付けをして、7月~9月まで収穫できます。

 

つまり、北海道以外と北海道とでは、
栽培期間も収穫可能期間もあまり差がないということになります。

 

基本的な育て方は全国共通ですが、北海道では植え付け時期に気をつけ、
防寒対策をしっかりと行うようにすれば、キュウリ栽培を楽しむことができます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

キュウリ 節成り性と飛び節成り性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

スポンサードリンク


kyuri

夏すずみ、1苗は節成り、もう2苗は飛び節成りとなっていますが?

 

 

キュウリにはたくさんの品種がありますが、
それぞれの特性によって、雌花=実のつき方が違います

 

キュウリはツルを伸ばし、節のところに花をつけます。
これはどの品種も同じですが、各節に花芽をつけるタイプのものと、
とびとびに花芽をつけるタイプのものとがあります。

 

では、実の成り方の違いをわかりやすく詳しくご紹介します。

 

 

[キュウリ 節成り性と飛び節成り性]

 

 

■成り方の違い

 

キュウリの成り方には、3つの種類があります。
節成り飛び節成り中間型です。

成り方によって、育てるスペースや育てやすさ、栽培期間などが違います。

 

・節成り性
節成りという名前の通り、節ごとに雌花がつく性質が強いタイプです。

節成り性のキュウリは、品種改良によって生まれた品種のため、
3つのタイプの中で一番育てやすいのが特徴です。

 

親づるの各節に雌花をつけるため、
基本的にはわき芽を伸ばさず、親づるのみを伸ばして育てます。

 

親づるのみに実をつけさせるため、
親づるが伸びた分だけ実をつけることになります。

 

そのため、飛び節成り性の品種に比べると、
最終的な収量は少なくなる傾向にあります。

 

低い位置から雌花をつけ始めるため、
最初の収穫が早くなる傾向にあり、スタートダッシュが効きます。

 

ただし、スタートが早い分、終わりも早いのが節成り性のキュウリです。
暑さに強い品種もありますが、
それでも親づるの頂点まで実がつけば終了になるため、
栽培期間も短めになることが多いです。

 

子づるを伸ばさず、親づるをまっすぐ伸ばすだけなので、
栽培スペースはかなり狭くできるのが利点です。

 

複数の株を育てる場合は、葉と葉が重なって風通しが悪くなると、
うどんこ病などの病気が出やすくなります。

 

いくら省スペースで育てられるからといっても、
株間は十分にとっておく必要があります。

 

ハウス栽培で、限られたスペースで多くのの株数を育てたい場合や、
ベランダ菜園などでできるだけ省スペースで育てたい場合は、
節成り性の品種が向いています。

 

また、ツルの扱いに慣れていない初心者の方も、
節成り性の品種を育ててみるのがお勧めです。

 

 

kyuri-husinari

節成りは育てやすく短期に収穫できます

 

 

◎節成り性の品種
節成り性の品種には「フリーダム」「北進」「湧泉」などがあります。
園芸店やホームセンターでも手に入れることができる品種が多いのも魅力です。

 

・飛び節成り性
飛び節成り性のタイプは、節成りとは違い、
親づるに花芽がつきにくいのが特徴です。

 

そのため、子づるを発生させて伸ばし、そこに実をつけさせるのですが、
子づるに実をつける時も、節ごとにはつかず、とびとびに花が咲きます。

 

とびとびに花が咲いて実がなるため、飛び節成り性と呼ばれるようになりました。

 

飛び節成り性のキュウリは古くから育てられているタイプで、
いわゆる地這い系のキュウリが飛び節成りの性質を持っています。

 

地這い性のキュウリは、親づるのほとんど花をつけず、
子づるや孫づるに花をつけるため、最初の実を収穫までに時間がかかります。

 

また、親づる1本だけでなく、複数本の子づるや孫づるを伸ばすため、
広い栽培スペースが必要になります。

 

広い栽培スペースに、何本ものツルが伸びる分、葉の数も増えます。
広い範囲の葉にたっぷりと太陽の光を浴びることにより、
作る養分も増え、株の充実具合も上がり美味しいキュウリが収穫できます。

 

株が充実して大きく育っているため、暑さに耐性がつきやすく、
節成り性の品種だと真夏には枯れ始めるところ、
寒さで枯れるまで生育し、実を収穫できることもあります。

 

栽培期間が長くなるため、最終的な収量は節成り性の品種よりも多くなります。
また、地面に這わせるため、風に揺すぶられることが少なくて済みます。
風で実が揺れて傷がつくことも減るため、実の皮が薄いのも特徴的です。

地這い系品種であったのですが、立体的な仕立ても十分できます。

 

ただし、立体仕立ての場合、

複数のツルを這わせるだけの広い範囲が必要となるため、
ネットの設置が必要不可欠になります。
また、実の皮が薄いため、風で動くと傷がつきやすくもなります。

摘芯する場所や、ツルの本数が多く仕立てにコツが必要となるため、
初心者の方よりも中級者以上の方に向いています。

また、広い栽培スペースが必要なので、

十分なスペースをとれる場所がないと、栽培が難しくなります。
キュウリはあまりグリーンカーテンに向かないと言われていますが、
広い範囲を覆うことができるため、飛び節成り性の品種であれば、
カーテンを作ることが可能になります。

 

 

kyuri-jibai

地這い品種は、暑さに強く、長期間にわたって収穫ができます

 

 

◎飛び節成り性の品種
飛び節成り性の品種には、
夏太郎」「霜知らず地這い」「青長系地這い」などがあります。

 

流通している苗のタグには、「飛び節成り性」と記載されていないことが多いです。
「地這い」と書いてあるものは、ほぼ飛び節成り性なので、
「地這い」という表記を目印に品種選びをすると良いでしょう。

 

・中間型
節成り性と飛び節成り性の間くらいの性質を持つ品種を、

種苗会社では、中間タイプとしています。
中間タイプは、親づるにも子づるにも雌花がつきます。

 

ただし、親づるの毎節ごとに雌花がつくわけではなく、とびとびに雌花がつきます。
おもしろいのが、雌花のついた節からは子づるの発生はなく、
雌花がつかなかった節から子づるが発生します。

 

その子づるを伸ばすと、1節目に必ず雌花が発生します。

ただ、その後はあまり発生がないため、葉を2枚つけたら子づるも摘芯して、
それ以上伸びないように管理します。

 

子づるを摘芯すると、孫づるが発生する場合があります。
孫づるは放任していても構いませんが、
邪魔になるようであれば摘芯しても問題ありません。

 

親づると子づるの両方に実をつけさせるため、
親づるのみに実をつけさせる節成り性の品種より、やや多く収穫できます。

 

環境や育て方によっては、
節成り性と中間タイプの収量は同じくらいになることもあります。

 

雌花のつかなかった場所に子づるが発生するという目印があるため、
ツルの管理は飛び節成り性の品種よりも少し簡単です。

 

発生した子づるも、短いうちに摘芯してしまうため、
飛び節成りほどの栽培スペースは必要ありません。

 

ただ、子づるの葉を残すため、親づると子づるの葉が近くなると、
風通しが悪くなって病気の原因となります。

 

ツルの整理や管理が必要なので、節成り性の品種よりも少し栽培が難しくなります。
初心者の方でも育てられないことはありませんが、
キュウリだけではなく、カボチャやゴーヤなど、
ツル性の野菜を育てた経験のある方は、ツルの管理が理解しやすいと思います。

 

飛び節成り性のものほど、広い敷地は必要ありませんが、
節成り性のものよりは広いスペースが必要になります。

 

子づるはあまり長く残さないため、支柱だけでも育てられますが、
複数の株を並べて育てるのであれば、
ネットを設置した方が一度に誘引できるのでお勧めです。

 

◎中間タイプの品種
Vアーチ」「うま旨キュウリ」「うま旨歯ざわりキュウリ」などがあります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

キュウリ よしなりの育て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

スポンサードリンク


yosinari

キュウリ よしなり

 

 

よしなりは、家庭菜園でも人気が高く、
園芸初心者の方に選ばれることも多い品種です。

 

よしなりも基本的な育て方は、一般的なキュウリの育て方と同じです。
けれど、よしなりにはその特徴があるので、
気を付けておくと良いポイントがいくつかあります。

 

 

[キュウリ よしなり 育て方]

 

 

■よしなりの特徴

 

キュウリは夏野菜の代表ともいえる野菜のため、
暑さに強いと思われがちですが、実はそれほどではありません。

 

キュウリを一度育ててみるとよく分かりますが、
真夏までにぐんぐんとツルを伸ばして実をつけ、
真夏の暑い盛りに元気がなくなることが多いのです。

 

つまり、キュウリは実は暑さにはそれほど強くないということです。
かといって、寒さに強いわけでもありません。

 

苗が小さい生育初期は、寒さで生長点が傷むことも多く、防寒が必要です。
ところが、このよしなりは暑さと寒さに比較的強い特徴があります。

 

暑さによる草勢の衰えが少ないので、上手に管理して環境が合えば、
秋まで長く収穫できる可能性が高くなります。

 

また、キュウリは病気に合いやすいですが、よしなりは耐病性を持っています。
べと病、褐斑病、うどんこ病など、キュウリがかかりやすい病気に耐性があります。

 

これらの病気に悩まされ、いつもキュウリを思うように収穫できない方には、
栽培してみる価値があります。

 

生育期間全体を通して、草勢や実の収穫量に波が少なく、
安定しているので、初心者の方にもお勧めです。

 

 

■よしなりを育てるコツ

 

よしなりは、耐病性があり草勢が安定するなど、長所がたくさんあります。
その長所を最大限発揮させるために、よしなりに合わせた栽培が望まれます。

 

・寒さ

よしなりは暑さと寒さに強い品種ですが、寒い場所に特に強くはありません。
どちらかというと、他の品種と同じように防寒をした時に、
低温に対する耐性があるため、生育しやすくなると考えた方が良いでしょう。

 

寒さに強いからといって、防寒が必要ないわけではありません。
苗を植え付けた後、根がしっかりと張るまでは寒さに当たらないようにします。

 

ホットキャップやワラをかぶせるなど、簡単でも防寒対策をしておくことで、
栽培の初期の根張りが期待できます。

 

・ツルの管理
よしなりは草勢が衰えにくい特徴がありますが、
あまりわき芽を摘みすぎると草勢が弱ります。

 

株元から5節~6節くらいまでのわき芽を摘むのは、基本の育て方と同じです。
そこから上4節~5節のわき芽は、葉を1枚残して摘み取ります。

 

さらにそこから上のわき芽は、葉を2枚~3枚残して先端を摘み取ります。
登頂付近の2節~3節のわき芽は、また葉を1枚残して摘芯します。

 

親づるを摘芯した後は、わき芽を摘みすぎると草勢が弱る場合があるので、
できるだけ生育のよさそうなわき芽を2芽~3芽残すと安定します。

 

 

kyuri-new1 (1)

冷やしすぎずに食べると、その味わいに驚きます!

 

・収穫
収穫量が安定している反面、とり残しがあると後の生育と収穫に響きます。

 

よしなりの実は、だいたい21cmくらいが基準の長さになりますが、
それよりも小さいうちに収穫しても問題はありません。

 

大きくなるまで放っておくと、株には大きな負担になります。
若い実は若い実で、また違った食感で楽しめるので、味わいましょう。

 

・害虫
キュウリがつきやすい害虫の中でも、アブラムシは病気を媒介するので、
できるだけ防除するようにします。

 

アブラムシがついてから駆除しても良いのですが、
できるだけ最初からつかないようにするため、
キュウリの株元などに光るものを置くようにしましょう。

 

アブラムシはキラキラと光ものが苦手なので、
銀色のマルチを使ったり、アルミ箔を株元に置くのがお勧めです。

 

それでもアブラムシがつくことがあるので、
もしついているのを見つけたら、すぐに捕殺するようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
連作 キュウリ苗 収穫 道具 キュウリ 用土 受粉 枯れる 炭そ病 モザイク病 選び方 育て方 おいしい 肥料 楽しみ キュウリ栽培 花が咲かない 家庭菜園 キュウリ 地植え 育て方 水やり 育てる つる割病 植え付け時期 発芽しない 実がならない つる枯病 うどんこ病
ランキング
AX