キュウリ 育て方

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » 

秋キュウリ 収穫のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

スポンサードリンク


kyuri (1)

秋に実るキュウリも味わいがあって美味しいです

 

 

キュウリには、
初夏頃植え付けをして7月~8月が主な収穫期となる「夏キュウリ」と、
8月中旬以降に植え付けをして秋に収穫をする「秋キュウリ」とがあります。

 

夏キュウリ、秋キュウリという品種があるわけではなく、
おもに夏に収穫するか秋に収穫するかという違いです。

 

どの品種であっても、夏に収穫すれば夏キュウリで、
秋に収穫すれば秋キュウリというわけです。

 

中には晩秋まで収穫できる、「霜しらず秋どり胡瓜」など、
秋キュウリ向きの品種があるので、それらを選ぶのもお勧めです。

 

夏すずみ」「強力みどりきゅうり」「おいしい夏秋キュウリ」も、
夏、秋のキュウリ栽培に向いている品種です。

 

基本的な管理方法も、夏キュウリと秋キュウリとで大差はありません。
地植えはもちろん、プランターや容器栽培でもだいじょうぶです。

 

では、秋キュウリを育てる時には、どのようなポイントがあるのでしょうか。

 

 

natusuzumi

夏すずみは、夏でも秋でも育てやすい品種です

 

 

[秋キュウリ 収穫のコツ]

 

 

■植え付け時期

 

秋キュウリと夏キュウリの最大の違いは、植え付け時期です。

 

夏キュウリが5月頃、気温が高くなってきた時期に植え付けるのに対し、
秋キュウリは8月中旬以降、まだ残暑の時期に植え付けをします。

 

キュウリは意外と収穫できる期間が短く、
だいたい2ヶ月、長くても2ヶ月半ほどしか収穫できません。

 

それ以降は、株が疲れて花がつかず、だんだんと枯れていきます。
キュウリは気温さえあれば、いつでも栽培が可能な野菜です。

 

栽培期間がある程度決まっているので、秋に収穫するためには、
どうしても時期をずらして新しい苗を植え付ける必要があります。

 

一度に大量のキュウリは収穫できなくてもいいけれど、
毎日、あるいは数日に1本くらいの少量を長く収穫したいという場合は、
夏キュウリと秋キュウリを1株~2株ずつ育てるのがお勧めです。

 

調子が良ければ、1株ずつでも満足できる量を収穫できます。

 

植え付けは、8月中旬以降であればいつでも可能ですが、
収穫できるようになるまで1ヶ月ほどかかります。

 

元気に育てば、11月頃まで収穫は可能ですが、
植え付けが遅くなればなるほど、収穫できる期間が短くなります。

 

8月中旬頃になると、ホームセンターなどでも秋キュウリの苗が並び始めます。
この販売されている秋キュウリの苗を購入しても良いですが、
高温期という利点を使って、種播きに挑戦することもできます。

 

キュウリは発芽させるために高温が必要な植物です。
そのため、夏キュウリの苗を作るには加温育苗が必要となりますが、
秋キュウリは種播き時期は高温期なので、加温の必要がありません。

 

初心者の方は、種からよりも苗から育てる方が無難ですが、
中級者の方は、種から育苗にチャレンジしてみてもおもしろいです。

 

種から育てる時は、ポットで育苗してから定植するようにすると、
状態の良い苗を定植することができます。
育苗中は、直射日光が当たりすぎて土が乾燥しないように注意します。

 

 

■病害虫に注意

 

高温期に育苗・植え付けを行うため、
その時期に起こりやすい病害虫に狙われやすくなります。

 

小さい苗でも、被害が大ダメージにつながることがあります。
葉を食害するウリハムシなどの害虫は、
夏がピークなので、植え付けた瞬間から食害されることもあります。

 

食害された株は、穴があいた部分で養分を作れなくなるばかりか、
ストレスによって生育不良を起こすこともあります。

 

また、過度な湿気や乾燥で、ベト病やうどんこ病などにかかることもあります。

秋キュウリは、収穫時期には涼しくなり株も安定してきますが、
残暑を超えて無事に育てることが、最も重要です。

 

苗が小さい時期には、防虫ネットをかぶせて害虫防除をすると効果があります。
どうしても病気が心配な場合は、薬剤を使って予防するのも方法の一つです。

 

 

kyuri (2)

夏の終わりに開花するキュウリ、風情があります

 

 

■台風対策を

秋キュウリ栽培を開始から収穫開始頃は、台風が多くなる季節です。
そのため、せっかく病害虫にも気を使い、元気に育っていたキュウリが、
台風の強風で支柱ごと倒れて茎葉が折れることもあります。

 

そのため、秋キュウリは台風対策をしっかりしておく必要があります。
露地栽培の場合は、支柱を補強し、倒れにくくしておきます。

 

また、台風情報があったら、強風でつるが折れてしまわないよう、
支柱ごとネットなどでくるんでおく方法もあります。

プランター栽培であれば、台風の間だけ玄関内などに取り込みます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 苗の選び方
・キュウリ 地植えの育て方

キュウリ 曲がる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

スポンサードリンク


キュウリ 曲がる理由

 

 

キュウリを買う時や育てている時、曲がっているキュウリがあります。
購入する時は、まっすぐな方が料理がしやすく見映えも良いので、
曲がったキュウリを避けることが多いです。

 

たまに、人によっては、曲がっている方がおいしいといって、
曲がっているキュウリを選ぶこともあります。

 

では、キュウリはなぜ曲がってしまうのでしょうか?
キュウリが曲がる理由をまとめました。

キュウリ 肥料過多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

スポンサードリンク


キュウリにとっては、肥料は適正かやや少ないくらいが良いようです

 

 

[キュウリ 肥料過多]

 

 

キュウリが肥料過多になるとどうなるのでしょうか。
また肥料過多になったらどのように対処すれば良いのでしょうか?
分かりやすくご説明していきます。

キュウリ 連作は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


kyuri

キュウリは連作にやや弱いです

 

 

キュウリ連作、連作障害という言葉をよく耳にしますが、
そもそも連作とその障害とは何でしょうか?

キュウリ 肥料不足 症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

スポンサードリンク


kyuri2016-3

キュウリはゴールデンウィーク頃に苗を植え付けてから、
順調に育てば6月頃から収穫が始まります

 

 

実をつけるようになったキュウリは、水分と肥料を欲しがるようになります。
肥料切れを起こすと、ツルの伸びが悪くなり、花付きや実付きが悪くなります。

 

早めに異変に気づいて対処することで、
持ち直してまた収穫できるようになる可能性があります。

 

キュウリが肥料不足によって起きる症状を覚えておきましょう。

 

 

[キュウリ 肥料不足 症状]

 

 

■肥料不足の以外な原因

 

肥料不足の症状が出ると、与えている肥料が少ないからだと思いますね。
ところが、それだけが原因ではありません。

 

特に粒状や固形の肥料を与えている場合、
水不足によって肥料不足が起こっていることがあるのです。

 

肥料である粒に水がしみることで、肥料成分が溶け出る仕組みです。
そのため、水が足りていないと、肥料をきちんと与えていても、
肥料不足になることがあります。

 

反対に、水を大量に与えている場合も、肥料不足になりやすくなります。
特に鉢やプランターで育てている場合、大量の水を与えていると、
肥料成分を含んだ水まで流れ出てしまいます。

 

肥料不足の症状が出る原因は1つではないので、見極めが肝心です。

 

 

kyuri2016-2

ツルや葉をよく観察しましょう

 

 

■肥料不足の症状

 

・ツルに出る症状
キュウリのツルは、先端が生長点になっていて、
そこからツルが伸びて新しい葉が出てきます。

 

この生長点の具合を見ることで、肥料が切れているかどうかが分かります。
植え付けてしばらくはツルの伸びが良かったのに、
急にツルの伸びが悪くなることがあります。

 

また、ツルの先端が横向きや下向きになっている場合も、肥料切れが疑えます。
地這いにするとよく分かるのですが、
キュウリのツルの先端はいつも少し持ち上がった状態になっています。

 

このツルが真横になっている、あるいは少し下向きになっていると、
肥料が足りていなくてうまく生長できていないということになるのです。

 

・葉に出る症状
葉にも様々な症状が出ますが、
一番出やすいのが株元近くの葉の色が抜ける症状です。

 

キュウリはツルを伸ばすため、そこに養分が流れるようになります。
肥料が足りていない時、養分を優先的に先端へ流していると、
株元近くの葉に養分が回らなくなります。

 

このため、下葉の色が薄くなってくるのです。
他にも、カルシウムやマグネシウムなどの微量成分が不足すると、
葉脈が目立つようになるといった症状が出ることがあります。

 

・花、実に出る症状
せっかくついた花が落ちたり、実が育つ前にぽろりと落ちたりする場合も、
肥料不足が原因であることが多いです。

 

他にも、実は育つものの先端が細くなる、
尻細・尻コケと呼ばれる症状が出ることもあります。

 

あるいは、最初はまっすぐに育っていた実が、
栽培の途中から曲がったものばかりとれるようになるのも、
肥料不足が原因の場合があります。

 

 

kyuri2016-1

キュウリが曲がるのも肥料不足の場合が多いです

 

 

■肥料不足を改善するには

 

肥料不足かなと思ったら、まずは追肥! と思いがちですが、少し待ってください。
肥料不足と症状が似ていても、病気だったり害虫だったり、
実は肥料過多という場合もあります。

 

もし異変を感じたら、まずは原因が何か特定することから始めます。

 

原因が肥料不足だった場合は、追肥を行います。
ここで大量の化成肥料や、濃度の高い液体肥料を与えてはいけません。

 

肥料不足と感じた時に与えるなら、規定通り薄めた液体肥料がお勧めです。
化成肥料よりも液体肥料の方が即効性があるため、
今すぐに肥料が欲しいという時に役立ちます。

 

濃度を通常と同じにするのは、肥料焼けを防ぐためです。
肥料が足りず弱っているところに、濃度の高い液体肥料を与えると、
根が傷んで余計に弱ってしまいます。

 

肥料焼けが気になる場合は、薄めに作った液体肥料を与えても良いでしょう。

 

肥料全体が不足しているのではなく、
マグネシウムやカルシウムなどの微量な成分が足りずに症状が出ることがあります。

 

微量成分が不足することはあまりありませんが、
もし該当する場合は葉面散布という方法で特定の成分を与えます。

 

追肥を行った後、翌日にすぐ元気になるわけではありません。
追肥を行ってから1週間~2週間ほど様子を見て、
改善がないようであれば、他に原因がないかを確認します。

 

それでも肥料不足が原因の場合は、また液体肥料を与えて様子を見るようにします。
早く回復してほしい気持ちは分かりますが、焦りは禁物です。

 

焦って肥料をたくさん与えたり、濃度の高い液体肥料を与えたり、
頻度を極端に増やしてしまうと、枯れてしまうことがあるので注意しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 苗の選び方

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
肥料 連作 植え付け時期 つる割病 キュウリ栽培 発芽しない 収穫 枯れる 受粉 キュウリ モザイク病 実がならない 水やり うどんこ病 選び方 道具 楽しみ キュウリ 地植え 育て方 炭そ病 用土 花が咲かない 育てる つる枯病 家庭菜園 おいしい 育て方 キュウリ苗
ランキング
AX