Vアーチ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » Vアーチ

Vアーチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


Vアーチ

 

 

タキイ種苗店では、たくさんのキュウリの品種を販売していますが、
Vアーチはその中でも特に家庭菜園に適した品種で、とても人気があります。
Vアーチの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[Vアーチ]

 

 

■Vアーチの特徴

 

・収穫初期からたくさん穫れる
安定して側枝が発生するので、初心者の方でも簡単に育てられます。
収量も多く、たくさん収穫したい方におすすめの品種です。

 

・病気に強い
近年、キュウリの病気として問題になっている、
ズッキーニイエローモザイクウイルス(通称:ZYMV)に強い品種です。

 

また、キュウリに多いべと病、うどんこ病、褐斑病にも強く、
安心して育てられます。

 

・耐暑性、耐乾性に強い
キュウリの品種の中では、暑さ、乾燥に強く、つるもちが良いのが魅力です。
生育後半までしっかりと収穫できるので、栽培難易度も低く、
家庭菜園にとてもおすすめです。

 

・栽培管理が容易
タキイ種苗店の多収品種に、夏すずみ、Vロードという品種がありますが、
これらと比べてVアーチは葉の大きさが一回り小さく、
株そのものがコンパクトです。

 

整枝、摘葉、収穫という管理がしやすく、その点でも家庭菜園向きと言えます。

 

・収穫適期サイズ
平均収穫果長は、約21~22センチです。
曲がり果も少なく揃いが良いので、スーパーに並ぶような、
高い品質のキュウリを自宅でも収穫することができます。

 

 

 

 

■Vアーチの栽培のコツ

 

Vアーチは、草勢がややおとなしい品種です。
栽培管理がしやすいメリットでもありますが、収穫期を迎えると、
株の元気がなくなってしまうことがあるため、
生育初期から草勢を高める栽培をしていくのがポイントです。

 

・定植前後の管理
定植は、本葉が2.5~3枚ほどの若い苗で定植させ、素早く活着させます。

 

一般的なキュウリ栽培の場合、定植後、5~6節目まで摘花を行いますが、
Vアーチの場合は、8節目までの摘花を行い、草勢が強くなるよう調節します。

 

・整枝、摘葉
下段の側枝は1節目で摘み取り、中段からの側枝は、2節目で摘芯します。
草勢を維持したり、果実の肥大をサポートできるので、
整枝は、手でつまめる程度の太さの内に行います。

 

Vアーチの葉は小さいので、摘葉は、それほど行う必要はありません。
一度に摘葉しすぎると草勢が下がってしまうので、
多くても1度に行う摘葉は、3枚ほどが妥当です。

 

・追肥、水やり
Vアーチは、早生種で、収穫開始から約1ヶ月もすれば、最盛期を迎えます。
この時に草勢を保つためにも、他のキュウリの品種よりも早く、追肥が必要です。

 

追肥は、窒素分1㎡あたり30グラムを1週間に1度与えるのが理想です。

 

雨が降る前後の追肥は、肥効を高めるのに有効ですので、
雨が降りそうな時や、降った後を狙って追肥するのも良いでしょう。

 

・注意点
Vアーチは、一度草勢がおちると果実の形が乱れます。
少しでも尻太果が見られたら、草勢が低下していると判断して、
その果実を摘果し、草勢が回復するよう、追肥などを施してください。

 

なお、液体肥料をこまめに与えるのも有効です。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
収穫 道具 育てる 育て方 肥料 キュウリ 地植え 育て方 モザイク病 家庭菜園 選び方 受粉 花が咲かない うどんこ病 実がならない キュウリ栽培 発芽しない 炭そ病 枯れる 用土 連作 キュウリ苗 キュウリ 水やり つる割病 つる枯病 楽しみ 植え付け時期 おいしい
ランキング
AX