近成夏山東

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 近成夏山東

近成夏山東

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


近成夏山東

 

 

近成夏山東は、タカヤマシードのキュウリの品種です。
読み方は、「ちかなりなつさんとう」で、夏秋栽培に適した多収品種です。

 

近成夏山東の特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

■近成夏山東の特徴

 

・暑さと病気に強い
キュウリ栽培にトラブルが多い時期は、梅雨時期~高温期です。
梅雨時期は雨の影響で株の中の湿度が非常に高くなります。

 

また、梅雨明け後は一気に気温があがり、
株の中が蒸してしまいます。

 

日照りの良い日が続くと、乾燥も心配になります。

 

そのため、キュウリ栽培ではこの時期に病害虫におかされることが多く、
とくに気をつけなければいけないシーズンです。

 

近成夏山東は、数あるキュウリの品種の中でも、
暑さに強く、うどんこ病、べと病などの病気に強いことから、
夏秋栽培の最適種として知られています。

 

・株姿
葉はとても色濃く厚く、つるの太い強健な性質です。
節間は短く、側枝の発生の少ない品種です。

 

雌花は主枝の5~6節目からつき、2~3節連続します。
その後、数節飛び、また連続着生する飛び成り性の品種です。

 

・果実
果実の色は一般的なキュウリよりも少し淡い色合いです。
イボが低くツヤがあり、ブルームの少ないとてもきれいな果実です。

 

・美味しい食べ方

近成夏山東は、苦味の少ない品質の良いキュウリなので、
生食はもちろんのこと、お漬物にしても美味しい品種です。

 

キュウリは基本的に生食するのが一般的ですが、
家庭菜園で育てるならば、是非、加熱調理も行ってみてください。

 

中華風の炒め物はもちろんのこと、
和風の煮物にしても美味しい野菜です。

 

 

キュウリの美味しさを再発見する炒め料理

 

 

■近成夏山東の栽培のコツ

 

・肥料
窒素分は、追肥を主体として、回数を多く与えます。

一度にたくさん与えるのではなく小分けにすることで、
株に負担をかけずに育てることができます。

 

尚、追肥はカリ分も併用して与えます。

 

・収穫
収穫適期の果実の長さは、約28センチです。

あまり大きくしすぎると、株に負担をかけるだけでなく、食味もおちます。

適期サイズよりもやや小さいサイズでとることを心がけましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 道具 受粉 花が咲かない 連作 植え付け時期 キュウリ栽培 つる割病 育てる 水やり 用土 収穫 枯れる キュウリ モザイク病 実がならない 選び方 つる枯病 家庭菜園 肥料 おいしい キュウリ 地植え 育て方 楽しみ うどんこ病 育て方 キュウリ苗 発芽しない
ランキング
AX