秀林

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 秀林

秀林

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


秀林

 

 

秀林(しゅうりん)は、カネコ種苗店のキュウリの品種の中でも、
特に病気に強く、品質・収量がとても安定する品種です。
うどんこ病の他、ズッキーニイエローモザイクウィルス(ZYMV)に、

耐病性を有するので、安心して育てられます。

 

 

[秀林]

 

 

■秀林の特徴

 

・病気に強い
うどんこ病、ZYMVに対してとても強い品種で、
病気にかからず、元気なキュウリを長期間収穫することができます。

 

・生長の特徴
側枝の雌花の連続性は少ないですが、孫枝になると雌花が良くつきます。
側枝の発生が良く、秋近くになっても、ぐんぐん枝が伸びてくれます。

 

葉の大きさは中くらいで、やや角形なのも特徴の一つです。

 

・収穫適期サイズ
収穫適期サイズは約21~22センチで、
濃い緑色のおいしいキュウリが収穫できます。

 

 

■秀林の栽培のコツ

 

・定植
秀林は側枝の発生が良く、長期間栽培ができるので、
株間は、80センチ以上を目安に広めにとります。

 

植え付け後は、株元にたっぷり水を与え、早く活着できるようにします。

 

約5~6節目(約30~40センチ)ほどまでの側枝は、随時除去します。
雌花も約8節目までは取り除き、草勢がおちないようにします。

 

・整枝方法
秀林は親づる1本仕立てがおすすめです。
耐病性の高い他のキュウリと比べて秀林は、
側枝の発生が強いので、子づるは1~2節目で止めます。

 

子づるは放任せず、孫づる以降に草勢を見ながら放任枝を作りましょう。

 

・摘葉
これは、全てのキュウリ栽培に当てはまることですが、
古くなった葉をそのままにしていたり、葉が混み合うと、
株に負担が大きくのしかかり、品質が悪くなってしまいます。

 

収穫が始まったら、下段約40センチほどくらいから摘葉を開始し、
できるだけこまめに管理するようにしてください。

 

・追肥
尻太果や曲がったキュウリがなるのは、株が疲れている証拠です。
地上部だけではなく、根も疲れているので、
追肥を与えても効果が得られないことがあります。

 

こういった時は、摘葉や整枝などの管理を行った後で、
薄めの追肥を与えるのがおすすめです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる割病 育て方 炭そ病 収穫 楽しみ キュウリ栽培 枯れる つる枯病 家庭菜園 モザイク病 実がならない キュウリ苗 うどんこ病 水やり キュウリ 肥料 用土 花が咲かない 植え付け時期 育てる 受粉 おいしい 連作 選び方 発芽しない 道具 キュウリ 地植え 育て方
ランキング
AX