夏ばやし

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 夏ばやし

夏ばやし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


夏ばやし

 

 

夏ばやしは、歴史あるタキイ種苗株式会社がつくられたキュウリの品種です。
タキイ種苗には、夏ばやしの他にも、たくさんのキュウリ品種があります。

 

2017年5月現在、20品種以上のキュウリが販売され、形もさまざまです。
ここでは「夏ばやし」の特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[夏ばやし]

 

 

■夏ばやしの特徴

 

・病気に強い
キュウリがかかりやすい病気は、べと病、うどんこ病、褐斑病です。
夏ばやしはこれらの病気に強く、薬剤散布の労力を減らすことができます。

 

・耐暑性に優れる
比較的暑さに強いとされるキュウリですが、夏ばやしは特に耐暑性に優れます。
また、つるのもちも良く、夏場を含む長期間安定した収穫が得られます。

 

・初期から多収
側枝が発生するのが早く、開花・肥大も早いので、
収穫初期から安定してたくさんのキュウリが収穫できます。

 

・収穫、整枝が簡単
葉が小さく、立ち性なので、収穫、整枝といった管理がとてもしやすい品種です。

 

 

 

 

■夏ばやしの栽培のコツ

 

・露地夏秋栽培
露地夏秋栽培の場合、4月の上旬に種まきし、
5月のゴールデンウィーク頃に定植、6月上旬頃から収穫できます。

 

また、6月頃に種まきし、7月頭に定植させ、
7月下旬~10月上旬まで収穫することもできます。

 

・露地抑制栽培
露地抑制栽培の場合、6月上旬に種まきし、
6月下旬に定植させ、7月下旬から10月中頃まで収穫できます。

 

また、7月上旬に種まきし、7月下旬に定植、
8月中旬頃から11月中旬まで収穫することもできます。

 

・追肥
夏ばやしの育て方は、他のキュウリの品種とさほど変わりませんが、
夏ばやしは他の品種と比べて果実の肥大、回転が早いため、
肥料切れに注意してください。

 

キュウリの場合、基本的に収穫開始頃より追肥を行いますが、
初期からたくさん収穫できるため、少々早めに追肥し、
その後も肥料が不足しないように定期的に追肥を行ってください。

 

・収穫
収穫適期サイズは約21~22センチです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
肥料 道具 楽しみ キュウリ 地植え 育て方 収穫 おいしい つる割病 キュウリ栽培 つる枯病 水やり 家庭菜園 連作 うどんこ病 枯れる 育てる キュウリ 育て方 受粉 炭そ病 キュウリ苗 実がならない 植え付け時期 モザイク病 選び方 用土 発芽しない 花が咲かない
ランキング
AX