夏の輝

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 夏の輝

夏の輝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


夏の輝

 

 

夏の輝(なつのかがやき)は、

耐暑性・耐病性に優れたキュウリの品種です。

この品種は、株式会社タカヤマシード(高農交配)が販売していますが、

公式サイトでは通販しておらず、種苗店や園芸店から購入ができます。

 

夏の輝の特徴と栽培についてご紹介します。

 

 

■夏の輝の特徴

 

・耐暑性、耐病性に優れている
夏の輝の良いところは、

日本の高温多湿の梅雨や乾燥する日照りに強いところです。

 

耐暑性、耐病性に優れている品種は初心者の方でも育てやすく、

家庭菜園向きと言えます。

家庭菜園で出来る管理や資材、農薬には限りがあるので、

病気に強い品種や暑さに強い品種の栽培は非常におすすめです。

 

・果実
果実の揃いが良く、夏場でも形の良いキュウリが収穫できます。
収穫適期は長さ約21~22センチでツヤがあり、

まさに、「夏の輝」という名前に恥じない品種です。

 

尻太果、尻細果、曲がり果が少ないので、

まるで、スーパーで販売しているかのようなキュウリが採れます。

 

・品種の特性
葉も鮮やかな色合いで、大きさは中くらいです。
側枝の発生は良いものの、過繁茂になりにくく、管理も容易です。

主枝雌花率は3月~4月まきで、50~60パーセントと高く、

側枝も連続して雌花をつけるので、多くのキュウリが次々となります。

 

 

 

 

・栽培のポイント
肥料を良く効かせて栽培するのがポイントです。
元肥もやや多めにし、栽培中期以降も、

肥料切れが起こらないよう、追肥をこまめに行います。

 

整枝は、主枝1本仕立てがおすすめです。
子づるは2葉で摘芯し、孫づるは放任で伸ばして大丈夫です。

 

・栽培スケジュール
中間地の場合、3月中旬すぎ~7月末頃まで種まきを行えるので、

春から夏にかけて、いつでも栽培が始められます。

 

しかし、7月末に栽培を開始すると早くても収穫は9月中旬となります。

 

夏野菜であるキュウリを夏においしく味わいたいのであれば、

春まきが一番おすすめです。
4月中旬頃にまけば6月中旬~8月中旬頃まで収穫ができます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 つる割病 育て方 発芽しない キュウリ栽培 肥料 キュウリ 受粉 キュウリ苗 実がならない 用土 選び方 植え付け時期 収穫 育てる モザイク病 うどんこ病 楽しみ 水やり 花が咲かない つる枯病 連作 枯れる キュウリ 地植え 育て方 家庭菜園 おいしい 道具
ランキング
AX