夏のめぐみ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 夏のめぐみ

夏のめぐみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


夏のめぐみ

 

 

夏のめぐみは、タキイ種苗株式会社より出ている品種です。
以前は、夏のめぐみよりも早く収穫ができる、
春のめぐみという品種も販売されていたようですが、
今はその品種はなくなってしまったようです。

 

ただ、商品としてはまだ少しだけ残っているようで、買うことはできます。
品種がなくなるまでは、春のめぐみから、夏のめぐみへ、
リレー栽培するのがおすすめとされていたようです。

 

夏のめぐみの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[夏のめぐみ]

 

 

■夏のめぐみの特徴

 

・色濃く秀品率が高い
色がとても濃く、秀品率も高いので、
直売店などに出荷する農家の方にも人気の品種です。
味も良く、収量も多いので、育て甲斐があります。

 

・耐病性に優れている
べと病、うどんこ病に強く、つるもちが良いので、
長い間、安定した収穫が望めます。

 

・栽培管理がしやすい
葉が小さく、立ち性なので、管理がしやすいです。
整枝しやすく、葉も混み合いにくい性質です。

 

 

 

 

■夏のめぐみの栽培のコツ

 

・育苗
育苗中は、乾燥・過湿を避け、丈夫な苗を作りましょう。
初期生育を良くするため、やや若苗(本葉2.5枚~3枚)で定植させます。

 

・畑の準備
元肥はやや多めが適しています。
1㎡あたり窒素30~35グラム、リン酸35~40グラム、カリ25~30グラムが目安です。

 

・畑の管理
夏のめぐみは、初期からやや強めに栽培するのがコツです。

整枝は、下から7節目までの側枝、雌花を早めに除去し、
それ以降は、1~2節で摘芯していきます。

 

追肥は、収穫開始ごろから初めて、
それ以降、7~10日に1回、肥料切れを起こさないように定期的に行います。

 

病害虫には強い方ですが、予防はしっかり行い、
初期防除を徹底して行ってください。

 

 

もろきゅうにすると、おいしさがよくわかります

 

 

・収穫
夏のめぐみの収穫平均果長は、約21~22センチです。
キュウリは収穫適期を逃すと大きくなりすぎ、食味がおちてしまいます。

 

上記のサイズはあくまでも平均果長なので、収穫ができない時など、
大きくなりすぎてしまうことが予想される場合は、
早どりして、株を疲れさせないようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
選び方 収穫 モザイク病 つる枯病 植え付け時期 道具 発芽しない 花が咲かない 連作 キュウリ栽培 育てる キュウリ キュウリ苗 育て方 水やり 受粉 枯れる 肥料 実がならない つる割病 用土 炭そ病 家庭菜園 うどんこ病 キュウリ 地植え 育て方 おいしい 楽しみ
ランキング
AX