夏さんご

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 夏さんご

夏さんご

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


夏さんご

 

 

夏さんごは、サカタのタネから出ている四葉(すうよう)キュウリの品種です。
他に、黒さんご、味さんごという品種もあり、夏さんごと合わせて、
「さんご三兄弟」と呼ばれ、とても人気のある品種です。

 

 

[夏さんご]

 

 

■夏さんごの特徴

 

・四葉(すうよう)キュウリ
白いイボとシワが多く、あまり見た目が綺麗とは言えないキュウリですが、
とても歯切れが良く、漬物に適したキュウリです。

 

パリパリッとした歯切れの良い食感は、四葉キュウリならではで、
老舗の漬物店でも良く用いられています。

 

・家庭菜園におすすめ
キュウリは、果菜類の中でも特に、鮮度でおいしさが変動する作物です。
特に、四葉系のキュウリは鮮度落ちが早いので、スーパーにほとんど並びません。
家庭菜園では、そんな四葉キュウリのとれたてを味わうことができます。

 

・耐病性がある
うどんこ病、べと病に強く、作りやすい品種です。

 

・収穫適期サイズ
夏さんごの収穫適期サイズは約28センチで、揃いの良い品種です。

 

 

 

 

■夏さんごの栽培のコツ

 

・種まき~育苗まで
種は2~3粒をポリポット(3号)にまき、育苗します。
本葉が1枚になったら間引き、本葉3枚の若苗で、定植させます。

 

水やりは午前中に行い、夕方にはやや土の表面が乾くくらいの量を与えます。

 

・植え付けの準備
植え付けの2週間ほど前になったら、
苦土石灰や完熟堆肥、配合肥料などを使い、畑の準備を行います。

 

畝は約100センチで、合掌の支柱を立てます。
株間は約50~60センチです。

 

プランターやコンテナ栽培をする場合は、なるべく容量の大きいものを選び、
株間約40センチで植え付けます。

 

・植え付け後の管理
植え付け後は、地温を18度以上に保ちます。
植え付ける際にしっかりと潅水を行い、植え付け後、1
0日ほどは水やりが不要なほどの量を与えておきます。

 

主枝は25~30節程度で摘芯し、下部5節目までの側枝は早めに除去します。
側枝はまだ芯の小さいうち(本葉2~3枚が目安)で摘芯し、
孫枝が伸びるようにします。

 

・病害虫防除
夏さんごは、うどんこ病、べと病に強い品種ですが、防除は必要です。

 

炭疽病、つる枯病、べと病は、多湿になると発生しやすいので、
水はけを良くしておくことが大切です。

 

また、側枝を整理したり、下葉を摘み取ることで、
風通しが良くなり、日光にも当たります。

 

ズッキーニイエローモザイクウィルス病の防除のため、
アブラムシに気をつけてください。
アブラムシは光るものを嫌う虫なので、シルバーマルチが有効です。

 

・収穫
果実が約28センチくらいになったら随時収穫します。
最盛期には朝、夕の1日2回収穫を行わないと、
果実が大きくなりすぎ、株に負担をかけることになってしまいます。

 

株に負担がかかると収量が減り、草勢も弱まるので、
そういった時はついた果実の早どりを行い、株が早く回復するように努めます。

 

若どりした果実は、モロキュウなどにして食べると、
サイズ感もちょうど良くとてもおいしいです。



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
植え付け時期 連作 つる枯病 水やり 受粉 枯れる うどんこ病 実がならない 発芽しない 楽しみ 道具 おいしい キュウリ苗 収穫 キュウリ 花が咲かない 家庭菜園 モザイク病 キュウリ栽培 育て方 つる割病 育てる キュウリ 地植え 育て方 炭そ病 肥料 用土 選び方
ランキング
AX