味一美

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 味一美

味一美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


味一美

 

 

味一美(あじいちみ)は、大和農園グループのキュウリF1品種です。
F1品種とは、First Filial Generationと呼ばれるもので、
性質の異なる原種を掛け合わせ作出された雑種第一代のことです。

 

親の品種の良いとこどりができるので、病害虫に強いもの、
耐暑性に優れているものなどが作出しやすく、
今、種苗メーカーで開発されている品種のほとんどがF1品種です。
味一美の特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[味一美]

 

 

■味一美の特徴

 

・甘みのあるキュウリ
キュウリの独特の風味は残しつつ、甘みが感じられるキュウリで、
小さな子供でも食べやすいキュウリです。

 

・ちょうど良いサイズ感と形の良い果実
味一美の平均果長は、20~22センチです。
大きすぎず、ちょうど良いサイズ感で、食卓にも並べやすいです。
収穫適期サイズで収穫すれば、曲がった果実も少なく、揃いが良いです。

 

・いろいろな栽培方法に適している
露地栽培はもちろんのこと、ハウス栽培にも適しています。

 

・育てやすい
葉は少し小ぶりで、生育も良く、病害虫に強い特性があります。
キュウリ栽培の失敗は、うどんこ病やべと病が原因になることが多いですが、
味一美は、これらの病気にも強い品種です。

 

 

浅漬けがみずみずしく美味しいです

 

 

■味一美の栽培のコツ

 

・種まき、育苗
ポットに2~3粒まき、発芽後は、生育の良いものを残して1本立てにします。
味一美の発芽適温は25~30度なので、低温期に栽培を開始する場合は、
保温や加温して発芽を促します。

 

・定植
元肥は、1平方メートルあたり、堆肥3キロ、苦土石灰100グラム、
化成肥料150グラムが適量です。

 

畝幅は約1メートルにし、支柱・ネットを張り、
株間約60センチで植え付けていきます。

 

・追肥
定植させてから2週間後に1度目の追肥を行います。
以後、約2週間おきに追肥し、肥料切れが起こらないようにします。
追肥は1株に対し、化成肥料10グラムほどが適量です。

 

・整枝
6節目までの脇芽は全て摘み取ります。
7節目以降の子づるは、葉を1~2枚残して摘芯し、
孫づるは混み合わないように摘芯します。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ栽培 モザイク病 つる枯病 花が咲かない 肥料 水やり つる割病 家庭菜園 おいしい 実がならない 連作 道具 発芽しない 植え付け時期 炭そ病 育てる 枯れる 用土 育て方 選び方 うどんこ病 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ 楽しみ 受粉 収穫 キュウリ苗
ランキング
AX