南進

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 南進

南進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


南進

 

 

南進(なんしん)は、タキイ種苗店のキュウリ品種で、夏秋品種です。
夏秋品種には、夏秋節成や、夏すずみ、北進(ほくしん)などがあります。

 

北進は、同じタキイ種苗店でつくられた品種で、
南進の方が少し長く色濃いキュウリです。

 

南進の特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[南進]

 

 

■南進の特徴

 

・夏秋キュウリ
南進は遅まきできるキュウリなので、暖地の場合、
11月下旬頃まで収穫することができます。
春夏キュウリとリレー栽培する方も多いです。

 

・歯切れが良い
平均果長21~22センチの南進は、スーパーで販売されるサイズのキュウリで、
とても歯切れが良く、サラダ、野菜スティック、浅漬けに最適です。

 

・高温期にも強い
真夏は少々生長が緩やかになりますが、南進は比較的高温期にも強く、
小づるの発生も旺盛で育てやすい品種です。

 

 

 

 

■南進の栽培のコツ

 

・栽培適期
冷涼地の場合、4月上旬に種まき、5月中旬に定植させ、
6月下旬~10月終わりまで収穫できます。

 

また、6月下旬に種まきする場合は、7月中旬頃に定植させ、
8月中下旬~10月終わりまで収穫できます。

 

中間地の場合、4月上旬に種まきし、5月のゴールデンウィーク明けに定植させ、
6月中旬~8月終わりまで収穫できます。

 

6月下旬に種まきすれば、7月下旬に定植させ、
8月終わり~10月いっぱいまで収穫することもできます。

 

暖地の場合、3月下旬に種まきし、5月上旬に収穫して、
6月上旬~8月下旬頃まで収穫できます。

 

7月中旬に種まきすれば、お盆前には定植でき、
9月中旬~11月下旬まで、秋のキュウリを楽しむことができます。

 

・定植
植え付けは、本葉3枚程度の若苗を定植させて、初期の生育を促します。

 

・整枝、摘芯
下から7節目までの側枝、雌花は早めに除去します。
また、生育中期以降は葉が混み合わないように、
整枝、摘葉をしっかりと行います。

 

・追肥
追肥と水やりは、一番果を収穫する頃から開始し、
以後、7日~10日に1回遅れないように与えます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
連作 植え付け時期 楽しみ おいしい キュウリ 用土 つる割病 道具 家庭菜園 炭そ病 収穫 キュウリ苗 キュウリ栽培 モザイク病 実がならない つる枯病 受粉 選び方 キュウリ 地植え 育て方 肥料 花が咲かない 発芽しない 育て方 水やり うどんこ病 枯れる 育てる
ランキング
AX