千羽(白イボ・グリーン胡瓜)

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 千羽(白イボ・グリーン胡瓜)

千羽(白イボ・グリーン胡瓜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

スポンサードリンク


千羽キュウリ

 

 

千羽(せんば)キュウリは、白イボのあるブルームタイプのキュウリです。

 

ナカハラのタネから出ているこのキュウリは、定番中の定番として、

家庭菜園や農家の方など、幅広く親しまれている夏秋キュウリの品種です。

 

 

■千羽(白イボ・グリーン胡瓜)の特徴

 

・キュウリの語源
千羽キュウリは、「グリーン胡瓜」と説明書きがあるように、

緑色が濃く、とても鮮やかなキュウリです。
しかし、「キュウリ」という名前の語源は、「黄瓜」(きうり)にあります。

 

これは、キュウリを収穫せずに完熟させると約30センチほどの大きさになり、

皮が緑色から徐々に黄色くなることに由来しています。

 

しかし、完熟した黄色いキュウリは味が良くないため、

早どりしたものが、今、私たちが食べているキュウリです。

 

・白イボ系キュウリ
千羽キュウリは、白イボ系キュウリと呼ばれるタイプに属します。
この白イボ系キュウリは市場の90パーセントを占める主流であり、

イボの先端が白く、苦味が少なく、とても食べやすいキュウリです。

 

キュウリには、黒イボ系と呼ばれるキュウリもありますが、

白イボ系キュウリと比較して皮が硬く、

やや苦味があるので、あまり生産されていません。

 

・病気や暑さに強い豊産種
千羽キュウリは、暑さ、うどんこ病やべと病など、

病気に強い品種なので、たくさんの収穫が見込めます。
果実の揃いも良く、秀品率高いので、家庭菜園にとてもおすすめです。

 

 

 

 

■千羽(白イボ・グリーン胡瓜)の栽培のコツ

 

・肥料切れに注意する
耐暑性、耐病性があることに加えて、雌花率が高く、

多収性なので、肥料が不足しがちです。
しっかりと追肥を行い、肥料が切れないように注意しましょう。

 

・収穫適期サイズ
千羽キュウリは、果実の長さが約21~22センチ、

重さが約100グラムが収穫の適期です。
色ツヤが良く、形の良いキュウリがたくさんなります。
やや早どりを心がけ、大きく育てないようにするのが長く収穫するコツです。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる枯病 キュウリ おいしい キュウリ苗 道具 連作 選び方 キュウリ栽培 炭そ病 用土 収穫 受粉 楽しみ 家庭菜園 モザイク病 キュウリ 地植え 育て方 枯れる 植え付け時期 発芽しない 育てる 肥料 水やり 育て方 うどんこ病 つる割病 花が咲かない 実がならない
ランキング
AX