北進

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 北進

北進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


北進

 

 

北進(ほくしん)は、南進(なんしん)と同じ、夏秋品種のキュウリです。
暑さや病気に強くつくりやすい品種なので、家庭菜園にも最適です。

北進の魅力や特徴、栽培のコツをお伝えします。

 

 

[北進]

 

 

■北進の特徴

 

・秀品率が高い
果実の揃いが良く、形の良いキュウリがとれる確率が高いことを、

「秀品率が高い」といいます。
北進は、サイズや形の揃いが良く、ツヤのある綺麗なキュウリが収穫しやすく、

まさに秀品率が高い品種といえます。

 

・強健豊作
側枝や雌花の発生が良く、房咲き性、成り戻り性が強いので、

初期からどんどん収穫することができます。
また、耐暑性、耐病性に優れている品種なので、プロの方はもちろんのこと、

家庭菜園でも育てやすい品種として知られています。

 

・歯切れが良い
パリッとした歯切れの良さが感じられるキュウリなので、

ぬか漬け、浅漬けなどの漬物やサラダなど、家庭でおいしく食べられます。

 

 

 

 

■北進の栽培のコツ

 

・種まきと手入れ
夏秋品種なので、初夏~秋どりまで栽培することができます。
種まきの適期は4月~8月頃まででき、暖地で8月頃まく場合は、

11月のおわりまで収穫することができます。

 

また、冷涼地夏秋栽培、暖地早熟栽培、抑制栽培など、

作型を問わないのもおすすめポイントです。

 

通常の露地栽培の場合、堆肥、鶏糞、化成肥料などを土に良く混ぜ、

株間約1メートルをとり、2~3粒ずつ点まきしていきます。

 

その後、本葉3~4枚で間引きし、1本立てにします。

北進は早生種なので、果実がなり始める頃から月に2~3回、追肥を行ってください。

整枝は主枝の1本仕立てにし、子づるは2枚の葉を残し摘芯、孫づるはそのまま放任します。

 

・育て方のポイント
キュウリは暑い時期に栽培する作物なので、病害虫の防除は必須です。
また、盛夏期は水やりを十分に行い、乾燥に気をつけます。

 

・収穫
平均果長は21~22センチですが、これよりもやや早どりをおすすめします。
特に夏場は生育が早く、朝は収穫適期サイズを迎えていなかったのに、

夕方、5センチ以上も育っていることが良くあります。

 

大きくなりすぎると株に負担をかけますし、

味も落ちてしまうため、早どりを基本としましょう。



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる枯病 植え付け時期 おいしい 用土 道具 選び方 育てる 水やり 枯れる キュウリ 楽しみ 収穫 発芽しない 家庭菜園 花が咲かない 育て方 モザイク病 キュウリ苗 キュウリ 地植え 育て方 つる割病 肥料 連作 実がならない キュウリ栽培 うどんこ病 受粉 炭そ病
ランキング
AX