八町キュウリ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 八町キュウリ

八町キュウリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


八町キュウリ

 

 

信州野菜 八町(はっちょう)キュウリは、
カネコ種苗店から苗を購入することができます。

 

八町キュウリは、長野県の「信州伝統野菜」の認定を受けている、
短く丸みのある形が特徴のキュウリです。

 

一時はほとんど栽培されなくなったこともありましたが、
昔ながらのキュウリの味を楽しみたい、
古くから伝わる伝統野菜を楽しみたいなど、
再度注目を集めて栽培されているキュウリです。

 

 

[八町キュウリ]

 

 

■八町キュウリの特徴

 

・ずんぐりむっくりした形
一般的なキュウリと比べると、果長は約17~20センチと短く、
ずんぐりむっくりした形をしています。
また、緑色が薄く、ブルーム(イボ)があるのが特徴です。

 

・皮が薄く甘みのあるキュウリ
八町キュウリは、皮が薄く、種が少ないのが特徴で、
とても食べやすいキュウリです。

 

皮が薄いため、日持ちはしませんが、甘みがあり、美味です。
セキノキュウリという別名もあり、
新潟などからも八町キュウリを買い求める声も大きいです。

 

 

■八町キュウリの栽培のコツ

 

・土作り
植え付けの2週間ほど前に苦土石灰、化成肥料、堆肥を入れて良く耕します。
完熟堆肥を十分に施して、水もちの良い土作りを心がけます。

 

・植え付け
植え付けは、気温が18度以上になる4月中旬以降を目安に行います。

 

・支柱
植え付け後、支柱とネットなどを準備し、
キュウリのつるを誘引しながら伸ばしていきます。

 

まず親づるを伸ばし、親づるが支柱の上まで伸びたら摘芯します。
子づるは5節目までは摘み取り、それより上に出たものは2節で摘みます。

 

八町キュウリは、上記の支柱を立てる栽培方法の他、地這栽培も可能です。
この場合は、親づるを3~5節目で止め、子づるを2~3本伸ばします。
その後、10~15節で子づるを摘芯します。

 

孫づるはどんどん伸ばして構いませんが、葉が混み合ってきたら摘葉し、
過密にならないようにしましょう。

 

・水やり
雨天の時の水やりは不要ですが、
晴れている日は株元にしっかりと水を与えてください。

 

キュウリは水分を多く必要とするので、
植え付け前にビニールマルチをして乾燥対策を行っておくと良いでしょう。

 

・収穫
八町キュウリの収穫適期は、長さ約17~20センチ、重さ約160~200センチです。



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
水やり 枯れる 収穫 発芽しない 実がならない キュウリ キュウリ 地植え 育て方 用土 楽しみ 選び方 キュウリ栽培 家庭菜園 道具 育て方 つる割病 うどんこ病 つる枯病 モザイク病 植え付け時期 肥料 連作 キュウリ苗 花が咲かない 育てる 受粉 おいしい 炭そ病
ランキング
AX