リザーブ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » リザーブ

リザーブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


リザーブ

 

 

リザーブは、大和農園グループにより作られた短形四葉の品種です。
曲がり果が少なく、歯ごたえのある味の良いキュウリです。
リザーブの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[リザーブ]

 

 

■リザーブの特徴

 

・短形四葉
四葉キュウリとは、昭和19年に韓国より伝えられた中国華北系の品種で、
一般的なキュウリよりも約1.5倍大きくなります。

 

本葉が約4枚頃に既に実をつけるという由来からこの名前がつきましたが、
今では、四葉キュウリにもいろいろな品種があり、特徴が異なります。

 

リザーブの場合は、短形とあるように、
一般的な四葉キュウリよりは短い品種です。

 

 

切らずに食べると本格的!

 

 

・歯ごたえが良い
四葉キュウリは、味が良く、パリッと歯切れが良いのが特徴です。
皮が薄いので、漬かりやすく、浅漬けなどに特に適しています。

 

1本漬けや、丸かじりなど、歯ごたえを感じながら食べてみてください。

 

・家庭菜園におすすめの理由
現在、四葉系キュウリはあまりスーパーでは販売されていません。
その理由は、あまり日持ちしないからです。

 

家庭菜園では、スーパーでは見かけない品種を育てることができるので、
リザーブなどの珍しいく美味しい品種はおすすめです。

 

新鮮な内に食べる四葉キュウリはパリッとした食感で、とても美味です。

 

 

 

 

■リザーブの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
ハウス半促成栽培の場合、1月中旬~2月上旬に種まきし、
2月下旬~3月中旬に定植させ、4月下旬~7月頭まで収穫することができます。

 

トンネル早熟栽培の場合、2月中旬~3月上旬に種まきし、
3月下旬~4月上旬に定植させ、5月中旬~8月上旬頃まで収穫することができます。

 

家庭菜園で一般的なのは、通常の露地栽培です。
露地栽培の場合、4月上旬~5月上旬に直まきするのがおすすめです。

 

その後、4月上旬に種まきした場合、6月上旬頃から、
5月上旬に種まきした場合、6月下旬頃から収穫することができます。

 

また、それ以降は、夏秋直まき栽培で、
6月中旬すぎまで種まきを行うことができます。

 

・収穫適期サイズ
リザーブの収穫適期サイズは、約25~27センチです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
肥料 実がならない モザイク病 キュウリ苗 連作 うどんこ病 キュウリ 地植え 育て方 道具 花が咲かない 炭そ病 水やり おいしい つる枯病 育て方 受粉 植え付け時期 枯れる 用土 キュウリ栽培 キュウリ つる割病 選び方 育てる 収穫 楽しみ 家庭菜園 発芽しない
ランキング
AX