ラリーノ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ラリーノ

ラリーノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


 

ラリーノ

 

 

ラリーノは、キュウリの独特のイボがない綺麗な形のミニキュウリです。
神田育種農場にて作られたF1品種で、
キュウリの品種としてはまだ、比較的新しい品種です。

 

ラリーノの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[ラリーノ]

 

 

■ラリーノの特徴

 

・主枝型の品種
着果習性は主枝型の品種なので、側枝はほとんど見られません。
一般的なキュウリ栽培と同じ方法での栽培もできますが、
主枝型に適したネット栽培や、吊り下げ栽培でも栽培ができます。

 

また、側枝が出にくい分、スペースもとらないため、
ベランダなどの狭いスペースでの栽培にも向いています。

 

・イボなしミニキュウリ
果実の長さは、9~10センチ、直径も2.5センチと小さなキュウリです。
食パンの幅にピッタリとおさまる程度の大きさなので、
サンドウィッチ用かと思えるくらい適しています。

 

イボのないキュウリで、ツヤがあり、見た目もとても鮮やかです。
日持ちしやすいのも、ラリーノの特長です。

 

・病害虫に強い
うどんこ病や、べと病への抵抗性を持ち、とても栽培しやすい品種です。

 

・ラリーノの種類
ラリーノには、他にやや長くスマートなラリーノPro、
白ナスとして知られるラリーノホワイトがあります。

 

 

 

 

 

 

■ラリーノの栽培のコツ

 

・露地栽培の場合
3月下旬~4月上旬頃に種をまき、4月下旬頃に定植させます。
収穫は、ちょうど梅雨時期~梅雨明けにさしかかる頃です。

 

種まきは、6月上旬頃まで行えます。

 

・株間
植え付ける際の株間は、60センチくらいが基本とされていますが、
ミニキュウリの茎葉はコンパクトなので、50センチくらいでも充分です。

 

スペースをとらないので、鉢、プランター栽培の管理も非常に楽です。

 

・収穫
長さ10センチ弱、重さ40グラム前後の手のひらサイズで収穫しましょう。

 

果実の揃いが良く、イボもないので、家庭菜園で採れたとは思えない、
とても綺麗なミニキュウリの収穫が見込めます。

 

・側枝とイボについて
高温期は、側枝が出ることもありませんが、側枝にも雌花がつきます。
イボについても、収穫後期に少し見られることがありますが、
とくに味などに影響することはないので心配はいりません。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
楽しみ 枯れる 用土 発芽しない 実がならない 花が咲かない キュウリ栽培 モザイク病 つる枯病 受粉 選び方 植え付け時期 うどんこ病 連作 肥料 育てる 育て方 おいしい 家庭菜園 つる割病 道具 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ苗 収穫 キュウリ 炭そ病 水やり
ランキング
AX