ミニQ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ミニQ

ミニQ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ミニQ

 

 

ミニQは、元祖ミニキュウリでトキタ種苗の品種です。
果長は8~10センチ程度の大きさです。

 

重さも40~50グラム程度で、手のひらサイズでとても可愛らしいキュウリです。
タネ袋1袋で、株数約40本ほどの収穫が見込め、

 

サラダや、お漬物、ピクルス、サンドイッチなどに使えます。

特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[ミニQ]

 

 

■ミニQの特徴

 

・手のひらサイズで収穫
小さめサイズで収穫できるので、とても使いやすいです。
直径3センチ、果長8~10センチの時に収穫しますが、
早どりしているわけではなく、肥大しても13センチほどです。

 

・サラダ、漬物、炒め物に
生はもちろんのこと、加熱調理にも適しているので、
さまざまな調理法で楽しめます。
キュウリらしい香りと、しっかりした食感があります。

 

浅漬けにする場合は、切らずにまるごと漬けてください。
ミニキュウリなので、浅漬けの素を使用する場合は、
表示時間より少し短めにするとおいしく出来上がります。

 

 

大量収穫が見込める品種です

 

 

■ミニQの栽培のコツ

 

・種まき
最低気温10度、最低地温15度以上になった頃が適期です。
関東地方の露地栽培の場合、5月上旬頃に種まきします。

 

9センチのポットに2粒ほどまき、後に間引いて1本にします。
日中は24度、夜は12度くらいの気温を保ち育苗します。

 

定植ができる本葉3枚くらいになるまでは、大体1か月ほどかかります。

 

・土壌条件
水はけ、水もちが良く、日当たりの良い場所を選びます。
また、肥料を好むので、しっかりと元肥を入れ耕しておきましょう。

 

苦土石灰は、150~200グラム、完熟堆肥は5リットル、
化成肥料は窒素分20~25グラム、リン酸20~25グラム、
カリウム10~15グラムくらいが適量です。

 

畝はやや高めに作ります。

 

・植え付け
コンテナ・プランター栽培する場合は、1つの鉢に1株ずつ植えていきます。
子づるの発生は少ないので、親づるを育てるようにします。

 

はじめの6節までの雌花は摘み取ります。

 

・肥料
追肥は1本目の収穫が始まった頃から与え始めます。
窒素分を3グラム程度、1週間に1度すきこみます。

 

・収穫
とり遅れると株に負担をかけるので、5~10センチになった頃に収穫します。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
実がならない 植え付け時期 育てる 発芽しない 花が咲かない 受粉 キュウリ 肥料 道具 選び方 キュウリ 地植え 育て方 楽しみ 連作 水やり キュウリ栽培 キュウリ苗 用土 家庭菜園 炭そ病 枯れる つる割病 モザイク病 うどんこ病 おいしい 育て方 つる枯病 収穫
ランキング
AX