ミニキュート

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ミニキュート

ミニキュート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ミニキュート

 

 

ミニキュートは、山陽種苗株式会社のミニキュウリです。

 

商標登録済の自信作とも言えるミニキュウリで、
シャキシャキとした歯応えの良さと、使いやすいサイズ感がポイントです。

ミニキュートの特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

■ミニキュートの特徴

 

・サンドイッチに最適
ミニキュートは、サラダやお漬物などに適していますが、
最も適しているのは、サンドイッチです。

 

果実の長さが約10~12センチと、ちょうどパンのサイズです。
食パンの縦の長さは、約11~12センチなので、ピッタリです。

 

使い切りサイズなので、余ることなく使えるのも魅力です。
手にもってもちょうど良いので、お子様のおやつにもおすすめです。

 

・プランター栽培もできる
脇芽の発生も少なく、誘引作業がとても簡単なので、
畑がなくとも、ベランダなどでのプランター栽培にも適しています。

 

 

 

 

・秀品率が高い
ミニキュートは節成り性で、雌花は1節に3~5つ咲きます。
曲がり果実などの奇形果の発生も少なく、鮮やかで、
ツヤがあり、良いキュウリをとることができます。

 

・病気に強い
家庭菜園での野菜栽培は、病気に強いかどうかが肝です。
栽培が容易とされるものほど、病気に強い傾向があり、
家庭菜園での品種選びの参考になります。

 

ミニキュートの場合は、うどんこ病に高い抵抗性が見られ、
べと病にも抵抗性があります。

 

この2つは、キュウリが最もかかりやすい二大の病気なので、
うどんこ病・べと病に耐病性のあるものは、育てやすいです。

 

 

 

 

■ミニキュートの栽培のコツ

 

・摘芯
脇芽の発生は少ない方ですが、やや発生が見られるので、
早めに摘芯しましょう。

 

・肥料切れに注意する
ミニキュートは、節成り性で1つの花房につく果実の数が多いので、
なり疲れしないよう、肥料切れに注意してください。

 

・サイズ
果実の長さは、約10~12センチ、太さは、約2.5センチ、
重さは、約40~50グラムで収穫します。

 

大きく育てすぎると、株に負担をかけることになってしまうので、
収穫適期サイズを逃さないようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
選び方 連作 発芽しない つる割病 育てる 肥料 道具 おいしい キュウリ栽培 受粉 モザイク病 用土 キュウリ 枯れる うどんこ病 家庭菜園 炭そ病 育て方 キュウリ 地植え 育て方 つる枯病 収穫 植え付け時期 キュウリ苗 実がならない 楽しみ 花が咲かない 水やり
ランキング
AX