ドカナリ千成

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ドカナリ千成

ドカナリ千成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ドカナリ千成

 

 

ドカナリ千成(どかなりせんなり)は、
ナカハラのタネ(中原採種場)から出ているミニキュウリです。

 

千成シリーズのミニキュウリで、他にカリカリ千成、ミニミニ千成があります。

千成シリーズはプランターでの栽培もでき、とても育てやすい品種です。
ドカナリ千成の特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[ドカナリ千成]

 

 

■ドカナリ千成の特徴

 

・千成とは?
千成キュウリの千成とは、たくさんの果実が群がってなることを意味します。
1,000個とは言いませんが、ミニキュウリがいくつもなり、
家庭でも簡単に収穫することができます。

 

主枝、側枝ともに完全節成り、房成りで、1節に1~3果以上もの実をつけます。
千成の由来もここにあり、次々に収穫することができます。

 

・ミニキュウリと普通のキュウリの味の違い
ドカナリ千成は、果実約9~10センチ、重さ約40グラムの小さなキュウリですが、
シャキッとした歯ごたえの良さが売りで、味は、普通のキュウリと変わりません。

 

ミニサイズのキュウリなので、サラダなどに使い切りやすいです。
お漬物にしてもおいしいので、キュウリの一本漬けにチャレンジしてください。

 

・品質が良い
ブルームレスキュウリなので、イボがなく、
ツルっとしていてとても綺麗な形をしています。

 

曲がり果や奇形果の発生も稀で、揃いが良く、
家庭菜園だけでなく、直売所向けの品種としても注目されています。

 

 

 

 

■ドカナリ千成の栽培のコツ

 

・作型が幅広く、いつからでも育てやすい(※西日本標準)
ドカナリ千成は、1月~8月中旬頃まで、いつでも栽培を開始することができます。

 

まだ気温の低い1月~2月の種まきは、ハウス半促成栽培、
春先の3月下旬~6月、梅雨入り前くらいまでは、露地栽培、
それ以降は、ハウスで抑制栽培ができます。

 

・収穫は早めに行う
ミニキュウリは元々、花丸キュウリと呼ばれていました。
今ではその名前を見聞きすることは少なくなってしまいましたが、
ミニキュウリの歴史は意外と古いです。

 

開花から収穫までの日数も短く、次々になるので、
ミニキュウリの栽培は、収穫がとても大切です。
株を疲れさせないためにも、早め早めに収穫を行いましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
用土 収穫 植え付け時期 発芽しない 枯れる 花が咲かない つる枯病 キュウリ 地植え 育て方 楽しみ キュウリ 水やり 道具 キュウリ苗 モザイク病 肥料 育て方 受粉 家庭菜園 育てる 炭そ病 つる割病 キュウリ栽培 連作 実がならない 選び方 おいしい うどんこ病
ランキング
AX