スナッキュー

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » スナッキュー

スナッキュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


スナッキュー

 

 

スナッキューは、タキイ種苗店のミニキュウリの新品種です。
ポリッキューとスナッキューの2つが新品種として販売されましたが、

どちらも節成り性のミニキュウリです。

 

スナッキューは、ポリッキューよりもさらにミニサイズのスナックきゅうりで、

果実の長さは約9~10センチです。

 

 

■スナッキューの特徴

 

・果実
イボのないスムース、ブルームレスタイプのキュウリでツヤが見られ、

夏の太陽にキラキラと照らされる揃いの良い果実です。

 

節成り性と呼ばれる1節にいくつかのキュウリが着果するので、

次々と可愛らしいミニキュウリを採ることができます。

 

ベランダ栽培もでき、お子様でも管理しやすいので、夏休みの自由研究などにも適しています。
苦味が少なく、手にもって食べれるのでおやつにも最適です♪

 

 

 

 

・レシピ
普通のキュウリと変わらない味なので、サラダや浅漬け、ぬか漬け、

ピクルスなど、さまざまなキュウリレシピに対応します。

 

普通のキュウリではできない丸々1本を使って調理することができるので、

1本漬けも切らずにそのまま食卓に並べることができます。

 

果実は細いので、サンドウィッチの具材やポテトサラダ、お弁当用などにもおすすめです。

 

 

・もろきゅうとミニキュウリ
ミニキュウリとは、スナッキューのように

果実の長さが約10センチ前後の小さいキュウリのことを指します。

 

もろきゅうは、「もろみ味噌をつけたキュウリ」の略で、

皆さんが知っている”もろきゅう”とは料理名のことだと思います。

しかし、この2つには大きな関係性があります。

 

ミニキュウリというのは最近出来た言葉であり、

元々ミニキュウリのことは「もろきゅう」と呼んでいました。

”若いキュウリ”にもろみ味噌をつけて食べる、これがもろきゅうでしたが、

この若いキュウリというのがミニキュウリを指しているのです。

 

年月をかけて、もろきゅうは料理名、

ミニキュウリは品種のタイプを表す言葉になりましたが、

元々ミニキュウリはもろきゅうと呼ばれていた時代があったようです。

ちょっとビックリですよね。

 

スナッキューなどのミニキュウリは、手で手軽に食べられる美味しさもあるので、

現在の料理名である、もろきゅうにもピッタリです♪
味噌と良く合い、お酒のおつまみにもなります。

 

 

 

 

■スナッキューの栽培のコツ

 

・育て方
ミニキュウリ・スナッキューは、通常のキュウリの育て方と同じです。
全体的にコンパクトに栽培できるので、

プランターやコンテナでの栽培ができるのは、ミニキュウリの魅力です。

 

・支柱
ミニキュウリのつるは、普通の大きさのキュウリと同様に伸びるので支柱は必要です。
だいたい1.8~2.0メートルくらいの支柱を立て、

ネットなどを使い、誘引して育てる必要があります。

 

誘引せずに育ててしまうと、土に触れた部分から病気に感染してしまうことがあります。
また、茎葉が混み合うことでも病気の感染率が高まります。

果実の形も悪くなってしまうので、支柱は絶対です。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 育てる うどんこ病 花が咲かない 水やり おいしい 実がならない 植え付け時期 用土 選び方 育て方 肥料 つる割病 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ苗 つる枯病 発芽しない 家庭菜園 楽しみ 連作 キュウリ栽培 モザイク病 受粉 キュウリ 枯れる 収穫 道具
ランキング
AX