スティックミニ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » スティックミニ

スティックミニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


スティックミニ

 

 

スティックミニは、長さ12~15センチほどのミニキュウリで、
丸かじりができ、食味が良いです。

 

この品種は、ドリンクなどの販売で知られているサントリーの、
「サントリーフラワーズ 本気野菜キュウリ」のシリーズの一つです。

 

スティックミニは、家庭菜園でも、本格的なキュウリが簡単に栽培できるように、
と作られた品種なので、育てやすく、とてもおいしいです。

 

 

[スティックミニ]

 

 

■スティックミニの特徴

 

・丸かじりできるおいしさ
シャキシャキした歯切れの良い食感と、甘みがこのキュウリの特徴です。
そのまま丸かじりしてもおいしく、
切らずにそのまま野菜スティックにして食べてみてください。

 

マヨネーズ、味噌マヨネーズ、バーニャカウダなど、
ディップソースを変えれば、毎日飽きずに楽しめます。

 

・なり疲れしにくい
次々に収穫できますが、小さいサイズでの収穫のため、
なり疲れしにくく高収量を保てます。

 

・プランター・コンテナ栽培もできる
露地栽培もできますが、プランターや、コンテナでも栽培ができるので、
ご自宅のベランダなど、比較的狭いスペースでも育てられます。

 

 

狭いスペースでも育ちやすいです

 

 

■スティックミニの栽培のコツ

 

・栽培環境
日当たりが良い場所を選んでください。
また、ウリ科の作物を連作すると、
つる割れ病などの病気にかかりやすくなったり、生育が悪くなります。

 

キュウリを含む、ウリ科の作物を育てたことのある場所での栽培は、
最低2年は空けるようにしましょう。

 

・土づくり
植え付け2~3週間前に、1平方メートルあたり、
堆肥2キロ、苦土石灰100グラムを良く混ぜ耕しておきます。

 

植え付け1週間前になったら、配合肥料を100グラム混ぜ、
幅60センチ、高さ20センチの畝を立て、マルチフィルムで覆います。

 

・植え付け
4月上中旬頃から植え付けの適期に入りますが、
冷涼な土地の場合、まだまだ冷え込みます。

 

キュウリはナスと比べると冷涼な気候を好みますが、
十分に気温が上がってから植え付けする方が好ましいです。

 

また、キュウリの葉は一枚一枚が大きく、風の抵抗を受けやすいので、
植え場所を考え、支柱で防風対策をとっておくと安心です。

 

露地栽培の場合、株間は50センチ以上とります。
生長してきたら早めに支柱を立て、つるを絡ませて、
誘引ヒモを使い、茎葉が折れないようにします。

 

コンテナ、プランターで栽培する場合は、
20リットル以上入る大きめの鉢を選び、1株ずつ植えていきます。

 

・追肥
露地栽培の場合、畝の両側に1株あたり50グラムほどの配合肥料を与えます。
プランター、コンテナの場合は、液体肥料を用いても良いです。

 

・整枝
4節~5節目までに出てくる側枝、雌花は全て摘み取ってください。
その後の側枝は、葉を1~2枚残して、先端を摘み取り、芯止めします。

 

また、下から5節までの脇芽は、混み合わないように適宜摘み取りましょう。

 

 

たくさん収穫できるのでピクルスにも美味しいです

 

 

・収穫
スティックミニは、花が咲いてから収穫適期までの肥大が特に早いので、
とり遅れないように気をつけます。

 

12~15センチほどの大きさが収穫適期サイズですが、
日々観察して、早めの収穫がポイントとなります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
発芽しない 育てる 家庭菜園 育て方 キュウリ栽培 用土 連作 実がならない 楽しみ 水やり 選び方 おいしい つる枯病 キュウリ 肥料 つる割病 うどんこ病 枯れる 炭そ病 キュウリ 地植え 育て方 収穫 植え付け時期 キュウリ苗 受粉 道具 モザイク病 花が咲かない
ランキング
AX