ほっきこう121

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ほっきこう121

ほっきこう121

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ほっきこう121

 

 

ほっきこう121は、カネコ種苗店のキュウリの品種です。
ここ最近、日本では猛暑、ゲリラ豪雨の影響により、
家庭菜園でのキュウリ栽培は、以前よりやや難しくなってきています。

 

ほっきこう121は、他品種と比べ、
こういった気象変動に左右されにくい品種ですので、
長期どりの夏秋露地栽培におすすめです。

 

ほっきこう121の特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[ほっきこう121]

 

 

■ほっきこう121の特徴

 

・安定した着果率
主枝着果率は春まきの場合、40~50%で、

側枝以降の雌花着果性も安定しています。

 

・暑さに強い
ほっきこう121は耐暑性があり、

暑さによる果実の曲がり、芯焼け、萎れなどが少なく、

夏場でも安定した収入が見込めます。

 

・耐病性がある
うごんこ病や、モザイク病(ZYMV)に抵抗性があります。

 

・収穫適期
収穫適期サイズは約21センチで、とてもツヤのあるおいしいキュウリです。

 

 

■ほっきこう121の栽培のコツ

 

・肥料
元肥はやや控えめに施し、追肥を前提とした栽培がおすすめです。
元肥を適量与える場合は、穏やかに効く緩効性肥料を利用すると良いです。

 

・仕立て方
ほっきこう121は、1本仕立てまたは親、子2~3本仕立てがおすすめです。

 

1本仕立ての場合、株間の目安は約80センチです。
下段に伸びる側枝は、約40センチのところまで雌花もいっしょに取り除きます。

 

以降の側枝は、1~2節で止め、孫づる以降は放任で管理します。

 

2本仕立ての場合、株間の目安は約80~100センチです。
3本仕立てにする場合は、それよりもややスペースを空け、
100~120センチの株間が必要です。

 

家庭菜園では、スペースはとるものの、収量が高まり、
栽培も安定するため、2~3本仕立てがおすすめです。

 

下段約40センチより上位の側枝は1節止め、
放任する枝は下段から伸ばしていくと良いです。

 

・栽培作型
ほっきこう121は、さまざまな露地栽培に適しています。
一般的な露地栽培の他、トンネル栽培や、露地抑制栽培にも適しているので、
植え付けの時期によって、栽培方法を変えることができます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

«  ホーム  »
管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
用土 キュウリ苗 実がならない モザイク病 道具 つる枯病 発芽しない 炭そ病 楽しみ 選び方 キュウリ つる割病 肥料 連作 おいしい 水やり 育て方 収穫 育てる 枯れる 植え付け時期 花が咲かない キュウリ 地植え 育て方 家庭菜園 受粉 キュウリ栽培 うどんこ病
ランキング
AX