ぴっくる太郎

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ぴっくる太郎

ぴっくる太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ぴっくる太郎

 

 

ぴっくる太郎は、株式会社 埼玉原種育成会(SGI)の品種です。

OS交配「ぴっくる太郎」は、小指~親指ほどのサイズしかない

小さな小さなキュウリで、ミニキュウリの中でも特に小さいサイズです。


ミニキュウリは、収穫などの作業がとても簡易なので、

お子様と一緒に育ててみるのもおすすめです。

 

 

■ぴっくる太郎の特徴

 

・種まきの適期
露地栽培の場合、4月~8月が栽培の適期です。
ハウス栽培が可能な場合は、3月頃から栽培適期に入ります。

 

・雌花率
雌花率は100パーセントで、各節1~3本のミニキュウリがなります。

 

・草姿と草勢
親葉は中くらいのサイズですが、枝葉は小さく、とても管理しやすいです。
徒長しにくく、日光を浴びやすいので、

多くの手間をかけずとも、元気に生育してくれます。

 

・果実
収穫時のサイズは、長さ約6~7センチと非常に小さいです。
その長さの割に太さがあり、直径は約2~2.5センチ、

ずんぐりむっくりしたミニキュウリです。
手の平サイズなので、収穫もしやすく、食べやすいです。

 

果肉は良く締まっていて、ぴっくる太郎の名前の通り、

ピクルス漬けやその他お漬物、サラダなどに利用できます。

 

 

ピクルスの盛り合わせ、おしゃれでおいしいです

 

 

・耐病性
キュウリがかかりやすいうどんこ病に耐性があり、とても作りやすい品種です。

 

・たくさん穫れる
果実のサイズの割に茎葉がとてもしっかりしているので、

果実の肥大が安定し、収穫期がおわりかけても、

形の良いキュウリを長くたくさん獲ることができます。

 

・自根栽培か接木栽培か?
ぴっくる太郎は、自根栽培、接木栽培のどちらでも栽培することができます。
接木栽培の場合、埼玉原種育成会(SGI)では、ウルトラ、ウルトラG、

ブルームレス台木のゆうゆう一輝黒タイプをおすすめしています。

 

・完全雌性
夏の暑い時期は、花に訪れる昆虫によって授粉が行われる必要があります。
そのため、雄花を咲かせる他のキュウリの品種と栽培すると、

授粉率が高まり、特別な管理をしなくとも実がなりやすくなります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる割病 キュウリ 家庭菜園 発芽しない 選び方 うどんこ病 受粉 キュウリ 地植え 育て方 炭そ病 実がならない 水やり 育てる 育て方 肥料 収穫 キュウリ苗 植え付け時期 連作 おいしい 用土 モザイク病 枯れる 花が咲かない 楽しみ 道具 つる枯病 キュウリ栽培
ランキング
AX