つや太郎

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » つや太郎

つや太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


つや太郎

 

 

つや太郎は、面倒な整枝の手間も軽減できる育てやすいキュウリです。
老舗のタキイ種苗株式会社より出ている品種で、品質も良く、とてもおすすめです。

特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

[つや太郎]

 

 

■つや太郎の特徴

 

・病気に強い
つや太郎はべと病、うどんこ病に強い夏秋キュウリです。
連作をしていない場所でも、高温や乾燥、加湿、水・肥料切れなどの、

要因によって病気にかかってしまうことがあります。
つや太郎は耐病性に優れているので、

こういった状況下でも比較的病気にかかりにくい性質をもっています。

 

・ツヤがあり高品質
「つや太郎」という名前の通り、このキュウリは皮にツヤがあり、色もハッキリしています。
味も形も良く、高品質のキュウリを収穫することができます。
平均果長は約21~22センチです。

 

・整枝労力が軽減できる
側枝や孫枝は比較的生育がゆるく、ゆっくりとしたスピードで発生するので、

整枝の手間が軽減できます。

 

 

 

 

■つや太郎の栽培のコツ

 

・若苗を定植させる
キュウリ栽培であればどんな品種にも言えますが、

つや太郎の場合も、本葉が3枚程度のまだ若苗の状態で定植させます。
こうすることによって活着が早く、初期の不安定な生育を素早く安定化させます。

 

・下から7節目までは除去する
下から数えて7節目までは側枝、雌花を素早く除去し、上までしっかりと栄養を行き渡らせます。

 

・ハウス雨避け栽培の注意点
つや太郎は家庭菜園でも人気の品種ですが、

品質が良いため、プロの農家さんにも人気のある品種です。
プロの方のつや太郎栽培では、ハウス雨避け栽培も良く用いられますが、

ハウスで育てる場合は、収穫開始の前後から積極的に摘葉を行うのが良いようです。

 

・追肥と潅水
キュウリ栽培の失敗は主に肥料切れと水切れです。
追肥と潅水は、収穫開始頃から始め、それ以降、水や肥料が切れないように注意してください。

 

・収穫
収穫できるサイズは、約21~22センチです。
とり遅れると食味が落ち、株も疲れ、その後の生育に悪影響を及ぼします。
なるべく収穫適期にその都度収穫できるようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
道具 肥料 植え付け時期 キュウリ栽培 つる割病 育てる 楽しみ 水やり 花が咲かない キュウリ キュウリ 地植え 育て方 実がならない おいしい 収穫 うどんこ病 キュウリ苗 つる枯病 育て方 モザイク病 受粉 発芽しない 枯れる 用土 選び方 炭そ病 家庭菜園 連作
ランキング
AX