つやみどり

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » つやみどり

つやみどり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


つやみどり

 

 

つやみどりは、トキタ種苗店のキュウリの品種です。

 

トキタ種苗店のキュウリと言えば、
ミニQやミドルQなどのQコレシリーズがとても人気ですが、
このつやみどりも栽培しやすいおいしい品種で、とても人気です。

 

 

■つやみどりの特徴

 

・高品質夏秋キュウリ
夏バテ対策としてもおすすめな夏秋キュウリです。
つやみどりは、耐病性・食味・収量が特に優れたキュウリで、
家庭菜園でも育てやすいです。

 

生育がとても良く、べと病・うどんこ病にも強く、
台木を使わない自根栽培もできます。

 

 

 

 

■つやみどりの栽培のコツ

 

・種まき
9センチのポットに2粒ほどまき、昼間は24度、夜間は12度ほどの気温を保ちつつ、
育苗してから植え付けます。
最低でも気温10度以上、地温15度以上になった頃に定植させたいので、
4月上旬頃に育苗を開始し、5月上旬に植え付けるのがベストです。

 

育苗は、本葉が3~4枚を目安に育てます。
生育適期を迎えれば、育苗をせず、露地まきでも育てることができます。

 

・植え付け
植え付けは、株間60~80センチ、畝幅1メートルをとり、
支柱とネットでしっかりと支えます。
合掌仕立てが頑丈です。キュウリのつるはしっかりしていて重みがあるので、
合掌仕立てにし、倒れないようにします。

 

植え付けの際の土には、「トマトベリーガーデンおいしく栽培土」がおすすめです。
トマトベリーガーデン用の土ですが、
つやみどりの初期生育に充分な肥料分が含まれているので、
元肥なしで簡単に栽培がスタートできます。

 

 

 

 

・管理方法
下位5~6節目までの子づる、雌花は早めに摘み取り、
それより上位の節から出る子づるは葉を2枚残して摘芯します。
常に丈夫なつるが3本はあるように摘芯していきます。

 

・収穫適期
収穫適期サイズは、約20~22センチです。
キュウリの生育はとても早いので、
20センチ前後のものから随時収穫していくのが良いです。
どんどん収穫することで、株への負担が減り、結果的に収量を伸ばすことができます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ苗 連作 選び方 植え付け時期 家庭菜園 炭そ病 道具 楽しみ 育てる おいしい 収穫 実がならない 花が咲かない キュウリ つる割病 うどんこ病 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ栽培 受粉 つる枯病 肥料 枯れる モザイク病 水やり 発芽しない 育て方 用土
ランキング
AX