きゅう太郎

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » きゅう太郎

きゅう太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


きゅう太郎

 

 

きゅう太郎(MUX-401)は、丸種種苗店のミニキュウリの品種です。
ミニキュウリとは、長さが普通のキュウリの半分ほどの約10~15センチ、
重さも約20~50グラムと小さいキュウリです。

 

味は普通のキュウリと変わりませんが、食べ切りサイズで、
お弁当やサラダ、漬物、ピクルスなどに使いやすいです。

 

キュウリ丸々1本は1回でどうしても使い切らない!
という方やご家族にピッタリです。

きゅう太郎の特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[きゅう太郎]

 

 

■きゅう太郎の特徴

 

・可愛らしいキュウリ
きゅう太郎は、果長が約10~12センチ、果重約50グラムほどの、
小さいキュウリで、イボの発生がないツルっとした果実が特徴です。

 

このイボなしキュウリは、通称「ブルームレスキュウリ」と呼ばれていて、
表面にイボ、シワがなく、とても綺麗な形をしています。

 

・完全節成性
主枝は完全節成性なので、主枝、側枝ともに、
複数の花を咲かせることができる品種です。
そのため、果実もなりやすく、より多くの収穫が見込めます。

 

・うどんこ病に強い
うどんこ病に強い品種なので、農薬の散布を最小限に抑えることができます。
小さなお子様向けのミニサイズのキュウリなので、
できる限り、減農薬で栽培してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

■きゅう太郎の栽培のコツ

・株間
株間は約40~50センチで定植します。
ミニキュウリ栽培は、そのキュウリの大きさからも分かるように、
とてもコンパクトに栽培することができます。

 

限られたスペースでも栽培することができるので、
家庭菜園にとてもおすすめです。

 

・整枝
草勢を見ながら、側枝・雌花を4~6節目まで取り除き、
それ以降は、1~2節で摘芯します。

 

・追肥
追肥は一番果収穫頃から、7日~10日に1回のペースで行っていきます。
1回あたりN・P・K成分で、1~2キロ/10アールくらいが標準です。
肥料切れを起こさないよう、充分に注意しましょう。

 

・病害虫防除
株を良く観察し、病気や虫の発生を早期に発見できるよう心がけます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
家庭菜園 キュウリ キュウリ 地植え 育て方 おいしい 連作 植え付け時期 肥料 枯れる 用土 うどんこ病 楽しみ 受粉 モザイク病 実がならない 選び方 発芽しない キュウリ栽培 つる割病 育てる 育て方 花が咲かない つる枯病 キュウリ苗 水やり 炭そ病 収穫 道具
ランキング
AX