かっぱめし

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » かっぱめし

かっぱめし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


かっぱめし

 

 

かっぱめしは、ベルグアース株式会社「べるミンの家庭菜園」のオリジナル品種です。

 

この品種は、病気に強い・作りやすい・おいしい、
この3つをポイントにつくられた品種で、
西日本・東日本ともに根強い人気のあるキュウリです。

かっぱめしの特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[かっぱめし]

 

 

■かっぱめしの特徴

 

・病気に強い
家庭菜園でのキュウリ栽培では、
品種のもつ耐病性の強さが上手に育てるポイントの1つです。

 

病気の防除はなかなか難しいので、キュウリならば、
うどんこ病、べと病、褐斑病になりにくい品種を選ぶことで、
栽培を容易にすることができます。

 

かっぱめしは、特に上記に挙げたうどんこ病、べと病、褐斑病に、
耐病性が強い品種なので、まったく病気にならないわけではありませんが、
防除はとても容易になります。

 

・安定して収穫できる
かっぱめしは、安定した収穫が望める定番の品種です。
果実の肥大も早く、長期間安定して収穫することができます。

 

鮮やかな緑色とツヤのある果実、品質も良く、とてもおいしいキュウリです。

 

・かっぱめしのレシピ
かっぱめしは、キュウリの品種名としても知られていますが、
山梨県南都留郡富士河口湖町の名物の「かっぱめし」という料理も有名です。

 

河口湖周辺で約50店舗のお店が提供している名物で、
名前の通り、キュウリを使ったご飯ものの料理です。

 

かっぱめしは、キュウリの浅漬けに、すりおろした山芋、刻みのり、
ゴマ、調味料をご飯の上に載せたとてもシンプルな丼ものです。

 

サラリと食べられるご飯なので、暑い夏には特におすすめのレシピです。
キュウリは夏バテにも効果的なので、是非、作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

■かっぱめしの栽培のコツ

 

キュウリは、肥沃であり、水はけが良く、水もちの良い土地を好みます。
また、日当たりの良さも上手に育てるポイントの1つです。

 

畝上約30センチくらいまでの子づる、雌花は早めに摘み取ります。

 

子づるは、一番花が咲いた後、葉を2枚残して摘芯し、
孫づる以降で半放任に仕立てます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ キュウリ苗 道具 楽しみ 収穫 用土 つる割病 発芽しない 炭そ病 実がならない 連作 花が咲かない つる枯病 育てる 肥料 おいしい 家庭菜園 キュウリ 地植え 育て方 モザイク病 うどんこ病 育て方 枯れる キュウリ栽培 受粉 植え付け時期 水やり 選び方
ランキング
AX