キュウリ 栽培温度

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » キュウリ 栽培温度

キュウリ 栽培温度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

スポンサードリンク


キュウリといえば、トマトやトウモロコシ、ナスと並ぶ夏野菜の代表的存在です

 

 

スーパーに行けば年中売られているキュウリですが、
実際に育てる時には、どれくらいの温度が適しているのでしょうか。

 

 

[キュウリ 栽培温度]

 

 

■発芽適温と栽培温度

 

キュウリだけでなく、植物には発芽適温と栽培適温があります。

 

発芽適温は、種から芽が出るのに適した温度です。
栽培適温は、発芽後の生育に適した温度です。

 

どちらも同じように感じますが、
実際には温度帯が少しずれていることが多いです。

 

たいていの場合は、発芽適温の方が高く、栽培温度(適温)の方が低いです。
キュウリの場合も同じで、
発芽適温はやや高めですが、栽培温度はそれよりも低くなります。

 

 

■キュウリ 栽培温度

 

・キュウリの栽培適温
キュウリの栽培適温は、だいたい18度~25度といわれています。
現在の日本の夏の気温を考えると、想像よりも低い温度帯です。

 

もっと細かく分けると、日中は22度~28度で夜間が17度~18度くらいが、
適温とされています。

 

真夏は日中35度以上になることも少なくありませんし、
夜は夜で熱帯夜が続くこともあります。

 

発芽適温は25度~30度とやや高めにも関わらず、
栽培適温はそれほど高くないですし、範囲も狭いです。

 

 

棚栽培は、日照、風通しが良く、地面と離れていて栽培温度が保ちやすいです

 

 

・栽培適温より広い栽培温度
キュウリは栽培適温でないと育たない、というほど弱くありません。
適温はあくまでも適温であって、絶対値ではありません。

 

生育できる温度(栽培温度)は、適温よりも幅が広いです。

 

キュウリは夏野菜ということもあり、低温に弱いです。
7度を下回ると生育が止まり、0度を過ぎると枯死します。

 

はっきりとした温度としては7度や0度となっていますが、
10度を下回る日が続けば7度に達していなくても、
生育がかなり緩慢になって止まったようになります。

 

また、霜に当たった時の影響がとても大きく、
0度を記録していない場合でも、枯死することがよくあります。

 

しかし、高温に特別強いというわけでもありません。
生育できる温度の上限は、35度です。

 

これを越えると、低温時と同じく生育が止まります。
低温ほど急激な影響は受けませんが、
暑い日が続くとバテるのが早くなる印象です。

 

・地温にも注意する
栽培温度とは、植物が生育できる気温ですが、
大切なのは気温だけではありません。

 

植物は土の中で根を生長させて生きています。
そのため、地温もとても重要となります。

 

キュウリの場合、気温よりも地温の方が涼しい環境を好みます。

根の生育に最も適した地温は、20度~23度とされています。

 

根が土中15㎝くらいに集中し、あまり深くまで張らず、
どちらかというと表層に広がって育つということもあり、
地温の変化には、たいへん敏感です。

 

梅雨明け後、日差しが強くなって気温が高くなってきたら、
地温が上がりすぎない工夫をすることで、
生育が悪くなるのを防ぐことができます。

 

 

キュウリの袋栽培、日照や温度など栽培環境が変わったら移動できるのが強みです

 

 

■栽培温度の範囲を守る

 

生育適温(栽培適温)と栽培温度とは、温度の範囲が異なります。
けれど、耐えられる低温や高温ギリギリの中で育てるのは、
キュウリにとって良くありません。

 

辛い状態が続けば、その分キュウリにストレスがかかるため、
予想したような収量が得られないこともあります。

 

できるだけキュウリが生育しやすいよう、栽培温度からはみ出さず、
生育適温に近づけるような工夫をしましょう。

 

・低温から守るには
苗の定植直後や、秋キュウリを栽培する時など、
気温が不安定な時などは、保温をします。

 

苗が小さいうちは、ホットキャップや風よけをするだけで、
寒風から守ることができますし、地温や株周りの気温も上げやすくなります。

 

・高温から守るには
地温が高くなりすぎると、根が傷む原因となります。
キュウリが正常に生育するために、日照はとても重要です。

 

株全体に陰を作ると、どうしても日照不足になるおそれが出てきます。
日照を確保して地温を下げるには、株元に陰を作るのが一番です。

 

キュウリの株元周りに、マリーゴールドやパセリ(ハーブ類)など、
背の低い植物を育てたり、物を置いて陰を作ります。

 

鉢やプランターで育てているのであれば、容器全体が隠れるような陰を作ります。
容器全体が陰になることで、容器内の温度が上がりにくくなります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
受粉 実がならない 楽しみ キュウリ 地植え 育て方 家庭菜園 道具 用土 花が咲かない つる割病 育て方 キュウリ栽培 水やり おいしい 育てる キュウリ 連作 選び方 うどんこ病 つる枯病 モザイク病 枯れる 植え付け時期 収穫 発芽しない 炭そ病 キュウリ苗 肥料
ランキング
AX